項目カテゴリー: 全カテゴリー | 博物館・史料館 | | テレビ番組 | 人物 | 山野河川 | | 合戦 | 寺社 | 出来事 | その他

韮山城の本丸から守山をのぞむ。<br>    守山は写真中央奥の濃い緑の丘陵。守山の背後(西)には狩野川が北流し、手前(東)には下田街道が通っている。<br><br>    この付近は、平安末期、鎌倉北条氏の地盤であり、北条時政が開基の願成就院が盛衰を重ねながら、現在も建っている。守山の前、韮山城寄りに、小規模な林があるが、ここが源頼朝が流された蛭ヶ小島といわれている。頼朝は、北条時政の娘、北条政子を妻とし、北条勢を味方につけた。1180年、以仁王の令旨に呼応して挙兵し、韮山城の東側の山木判官邸を襲って、勝利した。つまり、韮山は、中世の武家政権、鎌倉幕府成立の揺籃の地なのである。<br><br>    室町時代の1493年、北条早雲(伊勢宗瑞)が伊豆討ち入ったが、堀越公方の足利茶々丸がいた堀越御所が守山の麓の願成就院にあった。もし約500年前のその時にここから眺めていたら、早雲の軍勢が守山の堀越御所を襲ったのが見えたかもしれない。<br>    かつては、この時が戦国の始まりとされていた。<br><br>    早雲が茶々丸を堀越御所から逐った後、韮山城を本拠地とした。後北条氏の本拠地が小田原に移ったのは、後北条氏2代の北条氏綱からで、早雲は生涯、韮山城が居城だった。ということは、早雲はかつてこの辺を日常的に歩き、ここから同じように韮山の地を眺めていたかもしれない。早雲亡き後も、韮山城は北条氏の伊豆支配の中心地として機能した。<br><br>    早雲の伊豆討ち入りから約100年後の天正18年(1590年)、豊臣秀吉による関東侵攻がはじまった。韮山城では、豊臣秀吉の4万4千余の大軍を相手に、後北条氏4代北条氏政の弟、北条氏規が3600の兵で3ヶ月間持ちこたえたという。しかし、北条方の有力な支城郡が落城し、後北条氏にとって絶望的な状況となったため、説得に応じて開城した。<br>    その豊臣政権も、秀吉の死後、関ヶ原の戦いと大阪の陣を経て、滅亡し、日本は徳川幕府による近世を迎える。<br><br>    このように、韮山は、東海道から奥まった土地であるにも関わらず、中世という時代の大舞台となった不思議な土地なのである。

以仁王

1151年 〜 1180年

人物 日本

No obj photo

鴨長明

1155年 〜 1216年

人物 日本

No obj photo

慈円

1155年 〜 1225年

人物 日本

No obj photo

貞慶(解脱)

1155年 〜 1213年

人物 日本

No obj photo

北条政子

1157年 〜 1225年

人物 日本

<神泉苑><br>平安京造成時から現存するパワースポット<br><br>【祇園御霊会】<br>869年東北地方に巨大地震と津波が押し寄せ、京都では疫病が流行していた。<br>この時、当時の日本の国の数である66本の鉾を立て、神輿を送って、平安を祈った。<br>これが「祇園祭の起源」と言われる。<br><br>【逸話】<br>・弘法大師が雨乞いをし、見事雨をもたらした。<br>・同じく雨乞いの儀式にて、源義経が舞を奉納する静御前を見染めた。

源義経

1159年 〜 1189年

人物 日本

No obj photo

高倉天皇

1161年 〜 1181年

人物 日本

No obj photo

藤原定家

1162年 〜 1241年

人物 日本

No obj photo

北条義時

1163年 〜 1224年

人物 日本

No obj photo

畠山重忠

1164年 〜 1205年

人物 日本

No obj photo

明恵(高弁)

1173年 〜 1232年

人物 日本

【親鸞上人御入滅之地の石碑】浄土真宗の祖、親鸞がこの地で亡くなったという石碑。

飲み会に向かう際に偶然見つけた。
京都はこういう偶然が桁違いに多い。

親鸞

1173年 〜 1262年

人物 日本

No obj photo

北条時房

1175年 〜 1240年

人物 日本

No obj photo

藤原信実

1176年 〜 1265年

人物 日本

No obj photo

安徳天皇

1178年 〜 1185年

人物 日本

No obj photo

後鳥羽天皇

1180年 〜 1239年

高倉天皇の第4皇子。 土御門天皇に譲位後、院政を行った。伸長する鎌倉幕府に対抗するため、西面の武士を設置し、武力の整備などを行った。 1221年、北条義時追討の院宣を発し、鎌倉幕府と戦うも完敗。隠岐に流され、没した。

承久の乱 人物 日本

【鎌倉城】宇都宮辻子幕府跡。<br><br>      3代将軍の源実朝が暗殺され、源氏将軍が滅び、さらに北条政子が死去すると、鎌倉幕府の所在地は、大倉から若宮大路方面に移った。<br>      1225年、北条泰時は、摂関家から九条頼経を迎え、若宮大路二の鳥居近くの宇都宮辻子御所に据えた。

北条泰時

1183年 〜 1242年

人物 日本

No obj photo

源実朝

1192年 〜 1219年

人物 日本

No obj photo

順徳天皇(上皇)

1197年 〜 1242年

人物 日本

No obj photo

公暁

1200年 〜 1219年

人物 日本

No obj photo

道元

1200年 〜 1253年

人物 日本

No obj photo

叡尊(思円)

1201年 〜 1290年

人物 日本

【北条時頼】鎌倉五山第一位の建長寺。<br>北条時頼は、宋の禅僧、蘭渓道隆を迎えて、建長寺を建立した。<br><br>北鎌倉にある。<br>かつては巨福呂坂切通しを通って、鶴岡八幡宮の西側に出られた。

蘭渓道隆

1213年 〜 1278年

人物 日本

No obj photo

忍性(良観)

1217年 〜 1303年

人物 日本

No obj photo

仲恭天皇

1218年 〜 1234年

人物 日本

No obj photo

藤原頼経

1218年 〜 1256年

人物 日本

No obj photo

日蓮

1222年 〜 1282年

人物 日本

No obj photo

金沢実時

1224年 〜 1276年

人物 日本

No obj photo

無学祖元

1226年 〜 1286年

人物 日本

明月院の「上杉管領屋敷」の石碑。<br><br>山ノ内に山内上杉氏の屋敷があったというモニュメントを探していたが、ググっても、第三鎌倉道踏切に「鎌倉市山ノ内東管領屋敷332」のプレートが出てくるだけだった。そのため、想定外の発見だった。<br><br>場所は、拝観口から入ってすぐの正面にある。ここを左手に行くと、「北条時頼公墓所」があり、直進すると、山門に至る。

北条時頼

1227年 〜 1263年

5代執権。

人物 日本

No obj photo

安達泰盛

1231年 〜 1285年

人物 日本

No obj photo

藤原頼嗣

1239年 〜 1256年

人物 日本

No obj photo

一遍

1239年 〜 1289年

人物 日本

No obj photo

平頼綱

1241年 〜 1291年

人物 日本

上杉弾正屋敷跡。<br><br>1252年、宗尊親王(後嵯峨天皇の皇子)が鎌倉幕府の将軍として下向する際、上杉重房はそのお供として従った。その功として、上杉荘(京都府綾部市上杉町辺り)を賜り、上杉氏を称した。<br><br>「弾正屋敷跡」の標柱が中央に見える。左上の鳥居をくぐると、上杉天満宮がある。<br><br>室町時代に関東管領となる上杉氏はここから始まる。<br>上杉謙信の「上杉」はここの地名「上杉」から来ている。

宗尊親王

1242年 〜 1274年

人物 日本

No obj photo

北条時宗

1251年 〜 1284年

人物 日本

No obj photo

北条貞時

1271年 〜 1311年

人物 日本

No obj photo

夢窓疎石

1275年 〜 1351年

人物 日本

No obj photo

後醍醐天皇

1288年 〜 1339年

人物 日本

No obj photo

北畠親房

1293年 〜 1354年

『神皇正統記』の著者。 南朝の中心人物の1人。

人物 日本

No obj photo

楠木正成

1294年 〜 1336年

人物 日本

No obj photo

新田義貞

1301年 〜 1338年

人物 日本

No obj photo

北条高時

1303年 〜 1333年

鎌倉幕府滅亡時の14代執権。

人物 日本

No obj photo

足利尊氏

1305年 〜 1358年

人物 日本

No obj photo

足利直義

1306年 〜 1352年

人物 日本

No obj photo

上杉憲顕

1306年 〜 1368年

人物 日本

No obj photo

護良親王

1308年 〜 1335年

人物 日本

No obj photo

光厳天皇

1313年 〜 1364年

人物 日本

No obj photo

北畠顕家

1318年 〜 1338年

人物 日本

No obj photo

義堂周信

1325年 〜 1388年

人物 日本

No obj photo

今川了俊(貞世)

1325年 〜 1420年

人物 日本

No obj photo

細川頼之

1329年 〜 1392年

人物 日本

No obj photo

足利義詮

1330年 〜 1367年

足利2代将軍。足利尊氏の嫡男。

人物 日本

No obj photo

新田義興

1331年 〜 1358年

人物 日本

No obj photo

観阿弥

1333年 〜 1384年

人物 日本

No obj photo

足利基氏

1340年 〜 1367年

初代鎌倉公方。足利尊氏の三男。

人物 日本

No obj photo

大内義弘

1356年 〜 1399年

人物 日本

No obj photo

足利義満

1358年 〜 1408年

足利3代将軍。室町御所、金閣寺を築く。

人物 日本

No obj photo

足利氏満

1359年 〜 1398年

2代鎌倉公方。足利義満と対立する。

人物 日本

No obj photo

世阿弥

1363年 〜 1443年

人物 日本

No obj photo

尚巴志

1372年 〜 1439年

人物 日本

No obj photo

赤松満祐

1373年 〜 1441年

人物 日本

No obj photo

足利満兼

1378年 〜 1409年

第3代鎌倉公方。

人物 日本

No obj photo

足利義持

1386年 〜 1428年

足利4代将軍。父は足利義満。

人物 日本

No obj photo

長尾景仲

1388年 〜 1463年

関東管領山内上杉氏の家宰。子は景信。上杉禅宗の乱、影響の乱、結城合戦、享徳の乱など、関東の動乱期に生き、家宰として、山内上杉氏を補佐した。

人物 日本

No obj photo

足利義教

1394年 〜 1441年

足利6代将軍。

人物 日本

No obj photo

足利持氏

1398年 〜 1439年

第4代鎌倉公方。上杉禅秀の乱で、犬懸上杉禅秀(氏憲)を討つ。その後の永享の乱で、6代将軍の足利義教が派遣した軍に敗れ、自刃した。

人物 日本

No obj photo

一条兼良

1402年 〜 1481年

人物 日本

No obj photo

山名宗全(持豊)

1404年 〜 1473年

人物 日本

No obj photo

日親

1407年 〜 1488年

人物 日本

No obj photo

今川範忠

1408年 〜 1444年

人物 日本

No obj photo

上杉憲実

1410年 〜 1466年

人物 日本

No obj photo

太田道真

1411年 〜 1488年

扇谷上杉氏の家宰。主の扇谷上杉持朝を補佐して、扇谷上杉氏の勢力伸長に寄与した。太田道灌の父。

人物 日本

No obj photo

長尾景信

1413年 〜 1473年

関東管領山内上杉氏の家宰。父は景仲。子は景春。

人物 日本

No obj photo

蓮如

1415年 〜 1499年

人物 日本

No obj photo

上杉持朝

1416年 〜 1467年

扇谷上杉氏の当主。太田道灌の父、道真の補佐を得て、持朝の代で、扇谷家の勢力を大いに伸長させた。

人物 日本

No obj photo

雪舟

1420年 〜 1506年

人物 日本

【早雲寺】飯尾宗祇の墓もあった

宗祇

1421年 〜 1502年

人物 日本

武野紹鴎屋敷跡。<br><br>武野紹鴎は村田珠光の流れの茶を学び、和歌を三条西実隆に学んだ。<br>茶の湯の門人としては、千利休、津田宗及、今井宗久がいる。今井宗久は娘婿。

村田珠光

1423年 〜 1502年

人物 日本

山名宗全邸阯の石碑。<br>堀川今出川の北にある。<br><br>応仁の乱の際、東軍の細川勝元と対立し、山名宗全は西軍をリードした。<br><br>なお、竹田城は、山名宗全による築城という説もある。ただ、歴史学的には、疑問視されているようだ。

細川勝元

1430年 〜 1473年

有力守護大名で、室町幕府の管領を長く務めた。応仁の乱では、東軍の大将となり、西軍の山名宗全と対立した。

人物 日本

No obj photo

上杉房定

1431年 〜 1494年

越後守護。山内上杉氏の当主、上杉顕定、越後守護の上杉房能の実父。

人物 日本

扇谷上杉氏の家宰。江戸城・河越城の築城で有名。長尾景春の乱を鎮圧し、扇谷上杉氏の勢力伸長に貢献した。道灌の勢力・名声がこれ以上増すことを恐れた、主の扇谷上杉定正によって糟屋館で謀殺された。

太田道灌

1432年 〜 1486年

扇谷上杉氏の家宰。江戸城・河越城の築城で有名。長尾景春の乱を鎮圧し、扇谷上杉氏の勢力伸長に貢献した。道灌の勢力・名声がこれ以上増すことを恐れた、主の扇谷上杉定正によって糟屋館で謀殺された。

扇谷上杉 人物 日本

No obj photo

北条早雲(旧説)

1432年 〜 1519年

人物 日本

No obj photo

斯波義敏

1433年 〜 1508年

人物 日本

No obj photo

上杉憲忠

1433年 〜 1455年

人物 日本

No obj photo

狩野正信

1434年 〜 1530年

人物 日本

No obj photo

足利政知

1435年 〜 1491年

享徳の乱がはじまると、室町将軍、足利義政は弟の政知を関東に送り、関東の混乱を鎮圧しようとした。しかし、鎌倉のある相模一帯はすでに扇谷上杉氏の所領となっており、政知は関東に入れず、伊豆に留まり、御所のある地名をとって、堀越公方となった。

人物 日本

No obj photo

今川義忠

1436年 〜 1476年

人物 日本

No obj photo

足利義政

1436年 〜 1490年

室町幕府の8代将軍。若くして、将軍となり、当初は政務に励んだと言われているが、次第に政治への関心を失い、文化事業に熱中した。将軍職を辞するために、弟(のちの義視)を還俗させたが、その頃、嫡男が誕生した(のちの9代将軍、義尚。義尚の母は日野富子)。将軍後継問題、有力守護大名の対立、有力守護大名の後継…

人物 日本

No obj photo

畠山義就

1437年 〜 1491年

人物 日本

No obj photo

足利成氏

1438年 〜 1497年

初代古河公方。室町幕府を後ろ盾とする関東管領山内上杉氏・扇谷上杉氏(両上杉氏)と対立し、享徳の乱を 起こす。東関東勢(小山氏・結城氏・宇都宮氏・千葉氏)を基盤として、長年、両上杉氏と対立したが、1482年、ついに和睦し、室町幕府に存在を認められた。その後は、両上杉氏が争い始めたため、両勢力の間を巧…

人物 日本

No obj photo

足利義視

1439年 〜 1491年

足利義政の同腹実弟。10代将軍足利義材(義稙)の実父。

人物 日本

No obj photo

日野富子

1440年 〜 1496年

人物 日本

No obj photo

長尾景春

1443年 〜 1514年

父、景信の死によって、景春は山内上杉氏の家宰になると考えていたが、主君、山内上杉顕定は、白井長尾氏の勢力伸長を警戒し、惣社長尾忠景を家宰とした。反発した景春は、主の山内上杉顕定と対立した。1477年、ついに軍事衝突に発展した(長尾景春の乱)。この乱は、古河公方も巻き込んだ大規模な騒乱となったが、太…

人物 日本

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル