西暦: 1568年 〜 1623年

黒田孝高(如水)の子。

地域: 日本

黒田長政

関連情報: Wikipediaツイート で「黒田長政」を調べる

関連する歴史年表: 関ヶ原の戦い関連年表英雄たちの選択「北政所と淀殿“女の戦い”の真実」関連の年表NHK大河『軍師官兵衛』の年表


グラフと表の条件設定
項目の重要度と地域で以下のグラフと表に出力するデータ数を絞り込むことができます。
重要度 :   すべて  重要  重要+普通
地域 :   すべて  日本  欧米  東アジア  西アジア

グラフ: 「黒田長政」と同時代の人物

項目メニューに戻る

グラフ: 「黒田長政」と同時代の出来事

項目メニューに戻る

表: 「黒田長政」と同時代の人物

北条幻庵(長綱) 1493年 〜 1589年 日本
武田信虎 1494年 〜 1574年 日本
毛利元就 1497年 〜 1571年 日本
李退渓 1501年 〜 1570年 東アジア
雪村周継 1504年 〜 1589年 日本
山科言継 1507年 〜 1579年 日本
松永久秀 1510年 〜 1577年 日本
真田幸隆 1513年 〜 1574年 日本
北条綱成 1515年 〜 1587年 日本
北条氏康 1515年 〜 1571年 日本
正親町天皇 1517年 〜 1593年 日本
カトリーヌ・ド・メディシス 1519年 〜 1589年 ヨーロッパ
今井宗久 1520年 〜 1593年 日本
武田信玄 1521年 〜 1573年 日本
柴田勝家 1522年 〜 1583年 日本
千利休 1522年 〜 1591年 日本
上杉憲政 1523年 〜 1579年 日本
張居正 1525年 〜 1582年 東アジア
フェリペ2世 1527年 〜 1598年 ヨーロッパ
柳生宗厳(石舟斎) 1527年 〜 1606年 日本
種子島時堯 1528年 〜 1579年 日本
明智光秀 1528年 〜 1582年 日本
イヴァン4世(雷帝) 1530年 〜 1584年 ロシア
上杉謙信 1530年 〜 1578年 日本
大友義鎮(大友宗麟) 1530年 〜 1587年 日本
ボーダン 1530年 〜 1596年 ヨーロッパ
大村純忠 1533年 〜 1587年 日本
モンテーニュ 1533年 〜 1592年 ヨーロッパ
エリザベス1世 1533年 〜 1603年 ヨーロッパ
小早川隆景 1533年 〜 1597年 日本
島津義久 1533年 〜 1611年 日本
朝倉義景 1533年 〜 1573年 日本
オラニエ公ウィレム(オレンジ公ウィリアム) 1533年 〜 1584年 ヨーロッパ
織田信長 1534年 〜 1582年 日本
荒木村重 1535年 〜 1586年 日本
島津義弘 1535年 〜 1619年 日本
近衛前久 1536年 〜 1612年 日本
豊臣秀吉 1537年 〜 1598年 日本
足利義昭 1537年 〜 1597年 日本
北条氏政 1538年 〜 1590年 日本
前田利家 1538年 〜 1599年 日本
ヴァリニャーニ(バリニャーノ) 1539年 〜 1606年 日本
長宗我部元親 1539年 〜 1599年 日本
前田玄以 1539年 〜 1602年 日本
北条氏照 1540年 〜 1590年 日本
豊臣秀長 1540年 〜 1591年 日本
北条氏邦 1541年 〜 1597年 日本
エル・グレコ 1541年 〜 1614年 ヨーロッパ
足利義氏 1541年 〜 1583年 日本
徳川家康 1542年 〜 1616年 日本
アクバル 1542年 〜 1605年 南アジア、東南アジア
中川清秀 1542年 〜 1583年 日本
狩野永徳 1543年 〜 1590年 日本
顕如(光佐) 1543年 〜 1592年 日本
ドレーク 1543年 〜 1596年 ヨーロッパ
古田織部 1544年 〜 1615年 日本
北条氏規 1545年 〜 1600年 日本
李舜臣 1545年 〜 1598年 東アジア
増田長盛 1545年 〜 1615年 日本
浅井長政 1545年 〜 1573年 日本
黒田官兵衛 1546年 〜 1604年 日本
武田勝頼 1546年 〜 1582年 日本
最上義光 1546年 〜 1614年 日本
浅野長政 1547年 〜 1611年 日本
セルバンテス 1547年 〜 1616年 ヨーロッパ
真田昌幸 1547年 〜 1611年 日本
お市 1547年 〜 1583年 日本
織田有楽斎 1547年 〜 1621年 日本
本多忠勝 1548年 〜 1610年 日本
斎藤竜興 1548年 〜 1573年 日本
北政所 1548年 〜 1624年 日本
松浦鎮信 1549年 〜 1614年 日本
シャルル9世 1550年 〜 1574年 ヨーロッパ
今井宗薫 1552年 〜 1627年 日本
高山右近 1552年 〜 1615年 日本
誠仁親王 1552年 〜 1586年 日本
マテオ・リッチ(利瑪竇) 1552年 〜 1610年 東アジア
毛利輝元 1553年 〜 1625年 日本
アンリ4世 1553年 〜 1610年 ヨーロッパ
角倉了以 1554年 〜 1614年 日本
上杉景勝 1556年 〜 1623年 日本
藤堂高虎 1556年 〜 1630年 日本
ヤン・ヨーステン(耶楊子) 1556年 〜 1623年 日本
織田信忠 1557年 〜 1582年 日本
本阿弥光悦 1558年 〜 1637年 日本
小西行長 1558年 〜 1600年 日本
織田信雄 1558年 〜 1630年 日本
大谷吉継 1559年 〜 1600年 日本
ヌルハチ(太祖) 1559年 〜 1626年 東アジア
狩野山楽 1559年 〜 1635年 日本
松平信康 1559年 〜 1579年 日本
直江兼続 1560年 〜 1619年 日本
石田三成 1560年 〜 1600年 日本
井伊直政 1561年 〜 1602年 日本
吉川広家 1561年 〜 1625年 日本
福島正則 1561年 〜 1624年 日本
フランシス・ベーコン 1561年 〜 1626年 ヨーロッパ
藤原惺窩 1561年 〜 1619年 日本
北条氏直 1562年 〜 1591年 日本
加藤清正 1562年 〜 1611年 日本
徐光啓 1562年 〜 1633年 東アジア
万暦帝(神宗) 1563年 〜 1620年 東アジア
シェークスピア 1564年 〜 1616年 ヨーロッパ
池田輝政 1564年 〜 1613年 日本
ウィリアム・アダムズ(三浦按針) 1564年 〜 1620年 日本
ガリレオ=ガリレイ 1564年 〜 1642年 ヨーロッパ
真田信之 1566年 〜 1658年 日本
ジェームズ1世 1566年 〜 1625年 ヨーロッパ
真田信繁 1567年 〜 1615年 日本
伊達政宗 1567年 〜 1636年 日本
有馬晴信 1567年 〜 1612年 日本
姜沆(きょうこう、カンハン) 1567年 〜 1618年 東アジア
黒田長政 1568年 〜 1623年 日本
豊臣秀次 1568年 〜 1595年 日本
金地院崇伝 1569年 〜 1633年 日本
淀殿 1569年 〜 1615年 日本
常高院(初) 1570年 〜 1633年 日本
末吉孫左衛門 1570年 〜 1617年 日本
アッバース1世 1571年 〜 1629年 地中海、西アジア
柳生宗矩 1571年 〜 1646年 日本
支倉常長 1571年 〜 1622年 日本
松永貞徳 1571年 〜 1653年 日本
宇喜多秀家 1572年 〜 1655年 日本
崇源院(江) 1573年 〜 1626年 日本
沢庵 1573年 〜 1645年 日本
島津家久 1574年 〜 1638年 日本
ルーベンス 1577年 〜 1640年 ヨーロッパ
徳川秀忠 1579年 〜 1632年 日本
小早川秀秋 1582年 〜 1602年 日本
林羅山(林道春) 1583年 〜 1657年 日本
ヴァレンシュタイン(ワレンシュタイン) 1583年 〜 1634年 ヨーロッパ
グロティウス 1583年 〜 1645年 ヨーロッパ
宮本武蔵 1584年 〜 1645年 日本
リシュリュー 1585年 〜 1642年 ヨーロッパ
ホッブズ 1588年 〜 1679年 ヨーロッパ
山田長政 1590年 〜 1630年 南アジア、東南アジア
ホンタイジ(清の太宗) 1592年 〜 1643年 東アジア
シャー・ジャハーン 1592年 〜 1666年 南アジア、東南アジア
豊臣秀頼 1593年 〜 1615年 日本
グスタフ・アドルフ 1594年 〜 1632年 ヨーロッパ
デカルト 1596年 〜 1650年 ヨーロッパ
酒井田柿右衛門 1596年 〜 1666年 日本
ミハイル・ロマノフ 1596年 〜 1645年 ロシア
後水尾天皇 1596年 〜 1680年 日本
谷時中 1598年 〜 1649年 日本
ベラスケス 1599年 〜 1660年 ヨーロッパ
ファン・ダイク 1599年 〜 1641年 ヨーロッパ
住吉如慶 1599年 〜 1670年 日本
チャールズ1世 1600年 〜 1649年 ヨーロッパ
朱舜水 1600年 〜 1682年 日本
ルイ13世 1601年 〜 1643年 ヨーロッパ
マザラン 1602年 〜 1661年 ヨーロッパ
狩野探幽 1602年 〜 1674年 日本
鄭芝竜 1604年 〜 1661年 東アジア
徳川家光 1604年 〜 1651年 日本
由井正雪(由比正雪) 1605年 〜 1651年 日本
西山宗因 1605年 〜 1682年 日本
コルネイユ 1606年 〜 1684年 ヨーロッパ
李自成 1606年 〜 1645年 東アジア
レンブラント 1606年 〜 1669年 ヨーロッパ
柳生十兵衛三厳 1607年 〜 1650年 日本
東福門院(徳川和子) 1607年 〜 1678年 日本
中江藤樹 1608年 〜 1648年 日本
ミルトン 1608年 〜 1674年 ヨーロッパ
池田光政 1609年 〜 1682年 日本
黄宗羲 1610年 〜 1695年 東アジア
保科正之 1611年 〜 1672年 日本
呉三桂 1612年 〜 1678年 東アジア
顧炎武 1613年 〜 1683年 東アジア
野中兼山 1615年 〜 1663年 日本
ムリリョ 1617年 〜 1682年 ヨーロッパ
土佐光起 1617年 〜 1691年 日本
山崎闇斎 1618年 〜 1682年 日本
菱川師宣 1618年 〜 1694年 日本
河村瑞賢 1618年 〜 1699年 日本
アウラングゼーブ 1618年 〜 1707年 南アジア、東南アジア
熊沢蕃山 1619年 〜 1691年 日本
コルベール 1619年 〜 1683年 ヨーロッパ
木下順庵 1621年 〜 1698年 日本
山鹿素行 1622年 〜 1685年 日本
モリエール 1622年 〜 1673年 ヨーロッパ
宮崎安貞 1623年 〜 1697年 日本
益田(天草四郎)時貞 1623年 〜 1638年 日本
明正天皇 1623年 〜 1696年 日本
項目メニューに戻る

表: 「黒田長政」と同時代の出来事

武田・北条連合軍、上杉謙信方の松山城を攻略する 1563年 日本
第5回川中島の戦い 1564年 日本
三好長慶、死去 1564年 日本
アクバル、ジズヤを廃止 1564年 南アジア、東南アジア
13代将軍、足利義輝、殺害される 1565年 日本
武田信玄、箕輪城を落とし、西上野を掌握 1566年 日本
織田信長、美濃攻略 1567年 日本
武田義信(信玄嫡男)、死去(自刃か) 1567年 日本
織田信長、足利義昭を奉じて、京都に入る 1568年 日本
武田信玄、駿河侵攻はじめる 1568年 日本
オランダ独立戦争 1568年 〜 1609年 ヨーロッパ
武田信玄、小田原城包囲 1569年 日本
三増峠の戦い 1569年 日本
石山戦争(石山合戦) 1570年 〜 1580年 日本
姉川の戦い 1570年 日本
スペイン、マニラ建設 1571年 南アジア、東南アジア
北条氏康、死去 1571年 日本
レパント海戦 1571年 地中海、西アジア
比叡山焼き討ち 1571年 日本
サン・バルテルミの虐殺 1572年 ヨーロッパ
張居正の改革 1572年 〜 1582年 東アジア
三方原の戦い 1572年 日本
武田信玄、信濃の駒場で没す 1573年 日本
織田信長、15代将軍 足利義昭を追放し、室町幕府滅亡 1573年 日本
羽柴秀吉(豊臣秀吉)、近江に長浜城を築城 1573年 日本
浅井氏滅亡 1573年 日本
織田信長、長島一向一揆を鎮圧 1574年 日本
長篠の戦い 1575年 日本
織田信長、越前一向一揆を鎮圧 1575年 日本
長宗我部元親、土佐統一 1575年 日本
織田水軍、毛利水軍に敗れる(第一次木津川口の海戦) 1576年 日本
織田信長、安土城を築城 1576年 〜 1579年 日本
織田水軍、大砲を搭載した大型船で毛利水軍を破る(第二次木津川口の海戦) 1578年 日本
荒木村重(摂津)、織田信長に謀反 1578年 〜 1579年 日本
安土宗論 1579年 日本
織田信雄(織田信長の次男)、伊賀に侵攻(第一次天正伊賀の乱) 1579年 日本
ユトレヒト同盟 1579年 ヨーロッパ
スペイン(フェリペ2世)、ポルトガル王国を併合 1580年 〜 1640年 ヨーロッパ
秀吉、織田信長から生野銀山を与えられる 1580年 日本
顕如、石山本願寺から退去(石山戦争、おわる) 1580年 日本
第二次天正伊賀の乱 1581年 日本
オランダ、独立宣言 1581年 ヨーロッパ
京都御馬揃え 1581年 日本
織田信長、武田氏(武田勝頼)を滅ぼす 1582年 日本
本能寺の変 1582年 日本
山崎の戦い 1582年 日本
太閤検地 1582年 〜 1598年 日本
天正少年使節、派遣される 1582年 〜 1590年 日本
賎ヶ嶽の戦い 1583年 日本
豊臣秀吉、大坂城を築城 1583年 〜 1585年 日本
スペイン人、平戸に来航 1584年 日本
羽柴秀吉(豊臣秀吉)、関白に就任 1584年 日本
小牧・長久手の戦い 1584年 日本
豊臣秀吉、紀伊平定(根来・雑賀一揆を平定) 1585年 日本
豊臣秀吉、四国平定 1585年 日本
豊臣秀吉、九州に惣無事令を下す 1585年 日本
秀吉、豊臣姓を賜り、太政大臣に就任 1586年 日本
豊臣秀吉、九州平定 1587年 日本
北野大茶会 1587年 日本
バテレン追放令 1587年 日本
豊臣秀吉、イエズス会領だった長崎を直轄地とする 1588年 日本
刀狩令 1588年 日本
海賊取締令 1588年 日本
アルマダ海戦 1588年 ヨーロッパ
アンリ4世、即位(ブルボン朝、はじまる) 1589年 〜 1830年 ヨーロッパ
豊臣秀吉、北条氏を降す(日本統一) 1590年 日本
徳川家康、江戸城に入城。以降、江戸城は徳川家の本拠地となる。 1590年 日本
千利休、切腹 1591年 日本
人払令(身分統制令) 1591年 日本
文禄・慶長の役 1592年 〜 1598年 日本
豊臣秀頼、誕生 1593年 日本
豊臣秀次、自害 1595年 日本
李時珍『本草綱目』刊行 1596年 東アジア
26聖人殉教 1596年 日本
サン・フェリペ号事件 1596年 日本
アッバース1世(サファヴィー朝)、首都をイスファハーンに移す 1597年 地中海、西アジア
ナントの勅令(ナントの王令) 1598年 ヨーロッパ
豊臣秀吉、死去 1598年 日本
前田利家、死去 1599年 日本
イギリス、東インド会社設立 1600年 ヨーロッパ
ヤン・ヨーステンらが乗るリーフデ号(オランダ船)、豊後臼杵に漂着 1600年 日本
関ヶ原の戦い 1600年 日本
シェークスピア『ハムレット』を著す 1600年 〜 1601年 ヨーロッパ
マテオ・リッチ『坤輿万国全図』を作成 1602年 東アジア
オランダ、東インド会社を設立 1602年 〜 1799年 ヨーロッパ
英、スチュワート朝の成立 1603年 〜 1714年 ヨーロッパ
江戸幕府成立 1603年 日本
糸割賦制度、はじまる 1604年 日本
松前氏、徳川家康からアイヌとの交易独占権を保証される 1604年 日本
英、ヴァージニア植民地建設 1604年 北アメリカ
東林書院 1604年 〜 1625年 東アジア
江戸城の大規模拡張(天下普請)、はじまる 1604年 日本
セルバンテス『ドン・キホーテ』を著す 1605年 〜 1616年 ヨーロッパ
徳川秀忠、第2代将軍となる 1605年 日本
慶長地震 1605年 日本
オランダ、実質的に独立 1609年 ヨーロッパ
オランダ、平戸に商館を開き、日本と貿易開始 1609年 日本
対馬の宗氏と朝鮮が条約を締結(己酉約定) 1609年 日本
島津家久、琉球を征服 1609年 日本
江戸幕府、直轄領に禁教令を出す 1612年 日本
江戸幕府、日本全国に禁教令を出す 1613年 日本
イギリス、平戸に商館を開き、日本と貿易開始 1613年 日本
ロマノフ朝、成立 1613年 〜 1917年 ロシア
伊達政宗、支倉常長をスペインに派遣(慶長遣欧使節) 1613年 日本
大坂冬の陣 1614年 日本
江戸幕府、キリスト教宣教師や信者(高山右近ら)を国外に追放 1614年 日本
禁中並公家諸法度 1615年 日本
一国一城令 1615年 日本
武家諸法度 1615年 日本
大坂夏の陣 1615年 日本
ヌルハチ、後金を建国 1616年 〜 1912年 東アジア
江戸幕府、中国船以外の外国船の寄港地を平戸と長崎に制限する 1616年 日本
三十年戦争 1618年 〜 1648年 ヨーロッパ
ヴァージニアに最初の植民地議会が設置される 1619年 北アメリカ
徳川秀忠、福島正則を改易(武家諸法度違反) 1619年 日本
ピルグリム=ファーザーズ、メイフラワー号でプリマスに上陸 1620年 北アメリカ
徳川秀忠、東福門院(秀忠の娘)を後水尾天皇に入内させる 1620年 日本
オランダ、西インド会社を設立 1621年 ヨーロッパ
江戸幕府、長崎でキリスト教宣教師や信徒ら55名を処刑(元和の大殉教) 1622年 日本
アンボイナ事件 1623年 南アジア、東南アジア
徳川家光、第3代将軍となる 1623年 日本
イギリス、平戸の商館を閉鎖し、日本との貿易から撤退 1623年 日本
江戸幕府、スペイン船の来航を禁止 1624年 日本
権利の請願 1628年 ヨーロッパ
項目メニューに戻る

関連情報: Wikipediaツイート で「黒田長政」を調べる

「黒田長政」の関連ノート

【関ヶ原の戦いと江戸城】江戸城本丸から同じく本丸の天守台を撮影。

関ヶ原の戦いの折り、石田三成挙兵を聞いた徳川家康は小山城から引き返し、江戸城に入った(慶長5年(1600年)8月5日)。
ここで味方を増やすため、現在確認されているだけで122通に及ぶ書状を書きまくった。特に、上方に戻った豊臣恩顧の大名(福島正則、池田輝政、黒田長政ら)が多かった。

関ヶ原の戦いと江戸城

作成日:2014/12/6 , 地図あり・方位あり・方位あり, by rekius 開く

関ヶ原の戦い 江戸城 徳川家康 関ヶ原の戦いー小山評定ー 東京都 千代田区

【人物相関図:関ヶ原の戦いー豊臣秀吉の死去ー】慶長3年(1598年)が豊臣秀吉が死去し、朝鮮出兵で生じていた豊臣政権内部の武断派(加藤清正、福島正則、黒田長政ら)と文治派(石田三成ら)の対立が表面化しつつあった。この対立は、石田三成らが武断派の不利な報告を秀吉にして、武断派諸将を窮地に追い込んだのが原因だった。

一方、徳川家康は文治派と対立する武断派を取り込みを図り、かつ、伊達政宗の娘と六男・松平忠輝の政略結婚を推進するなど、野心を露わにしはじめた(秀吉生存時、大名間の婚姻には秀吉の許可が必要だった)。

しかし、豊臣秀吉を支えてきた前田利家が、野心を見せる徳川家康、豊臣政権内部の武断派(福島正則・加藤清正ら)、文治派(石田三成ら)に睨みを効かせていたため、何とか平穏は維持された。

人物相関図:関ヶ原の戦いー豊臣秀吉の死去ー

作成日:2014/11/30 , by rekius 開く

関ヶ原の戦い 豊臣秀吉 前田利家 人物相関図 徳川家康 関ヶ原の戦い(1)ー石田三成挙兵までー

【関ヶ原の戦い前後の年表】【慶長3年(1598)】
・8/18 豊臣秀吉、伏見城で死去

【慶長4年(1599)】
・閏3/3 前田利家、大坂で死去→豊臣政権内部の武断派(加藤清正、福島正則、黒田長政ら)と文治派(石田三成ら)、双方に影響力があった利家が死去することで、武断派・文治派の争いが表面化
・閏3/4 武断派の七将、石田三成を襲う→光成は伏見城に逃走→光成、居城の佐和山城に蟄居させられる

【慶長5年(1600)】
・4月 徳川家康、会津の上杉景勝に謀反の疑いをかけ、上洛を促す
・5/3 上杉景勝の重臣、直江兼続から上洛拒否の書状が家康に届く(直江状)
・6/16 徳川家康、上杉景勝を討つため、大坂城を出陣
・7/16 石田三成の要請で、毛利輝元が大坂城に入城。
・7/17 石田三成、挙兵(「内府ちがいの条々」を諸大名に送り、家康を弾劾)←『軍師官兵衛』、今ココ(11/23日放送)

■ もうちょっと長い期間の関ヶ原年表
http://rekius.com/timelines/92

関ヶ原の戦い前後の年表

作成日:2014/11/24 , by rekius 開く

軍師官兵衛 関ヶ原の戦い

【軍師官兵衛、余話【2014/6/22放送分】】<p>軍師官兵衛、小寺の殿が退場して、日々寂しさが募りますが、官兵衛の息子・松寿丸が元服し、黒田長政となるという明るいニュースがありました。</p>
<p>では、早速、黒田長政と主要人物たちの年齢比較をしてみましょう。</p>
<div> </div>
<p> </p>
<p>官兵衛の世代が本能寺の変世代だとすると、黒田長政の世代は関ヶ原世代と言えそうです。</p>
<p>2016年のNHK大河ドラマの主人公たる真田幸村(真田信繁)は長政よりも1歳年少です。</p>
<p>表示はしていませんが、淀君、伊達政宗らもほぼ同年代です。</p>
<p> </p>
<p>宇喜多直家も出てきましたね。石田三成も今週の改訂で入れました。</p>
<p>関ヶ原が朧気ながら見えてきました。</p>
<p> </p>
<p>来週は長政初陣です。</p>
<p>どういう戦いをするんでしょうか。</p>

軍師官兵衛、余話【2014/6/22放送分】

作成日:2014/6/23 , by rekius 開く

軍師官兵衛

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル