西暦: 1830年 〜 1859年

地域: 日本

吉田松陰

関連情報: Wikipediaツイート で「吉田松陰」を調べる

関連する歴史年表: 花燃ゆ第2回「波乱の恋文」花燃ゆ第1回「人むすぶ妹」松下村塾門下生の幕末幕末の長州藩人物新選組幕末、明治維新


グラフと表の条件設定
項目の重要度と地域で以下のグラフと表に出力するデータ数を絞り込むことができます。
重要度 :   すべて  重要  重要+普通
地域 :   すべて  日本  欧米  東アジア  西アジア

グラフ: 「吉田松陰」と同時代の人物

項目メニューに戻る

グラフ: 「吉田松陰」と同時代の出来事

項目メニューに戻る

表: 「吉田松陰」と同時代の人物

ゲーテ 1749年 〜 1832年 ヨーロッパ
ハイデンベルク 1750年 〜 1831年 ヨーロッパ
石川雅望(宿屋飯盛) 1753年 〜 1830年 日本
タレーラン 1754年 〜 1838年 ヨーロッパ
最上徳内 1755年 〜 1836年 日本
シュタイン 1757年 〜 1831年 ヨーロッパ
ラ・ファイエット 1757年 〜 1834年 北アメリカ
シャルル10世 1757年 〜 1836年 ヨーロッパ
良寛 1758年 〜 1831年 日本
モンロー 1758年 〜 1831年 北アメリカ
葛飾北斎 1760年 〜 1849年 日本
谷文晁 1763年 〜 1840年 日本
十返舎一九 1765年 〜 1831年 日本
アンドリュー・ジャクソン 1767年 〜 1845年 北アメリカ
曲亭馬琴(滝沢馬琴) 1767年 〜 1848年 日本
大蔵永常 1768年 〜 1860年 日本
佐藤信淵 1769年 〜 1850年 日本
ムハンマド・アリー 1769年 〜 1849年 地中海、西アジア
ロバート・オーウェン 1771年 〜 1858年 ヨーロッパ
フーリエ 1772年 〜 1837年 ヨーロッパ
メッテルニヒ 1773年 〜 1859年 ヨーロッパ
徳川家斉 1773年 〜 1841年 日本
間宮林蔵 1775年 〜 1844年 日本
オコンネル 1775年 〜 1847年 ヨーロッパ
ゴローニン 1776年 〜 1831年 ロシア
平田篤胤 1776年 〜 1843年 日本
調所広郷 1776年 〜 1848年 日本
スティーブンソン 1781年 〜 1848年 ヨーロッパ
村田清風 1783年 〜 1855年 日本
スタンダール 1783年 〜 1841年 ヨーロッパ
ビッドル 1783年 〜 1848年 日本
シモン・ボリバル 1783年 〜 1830年 中南米
林則徐 1785年 〜 1850年 東アジア
為永春水 1790年 〜 1843年 日本
渡辺崋山 1793年 〜 1841年 日本
大塩平八郎 1793年 〜 1837年 日本
徳川家慶 1793年 〜 1853年 日本
ペリー 1794年 〜 1858年 北アメリカ
水野忠邦 1794年 〜 1851年 日本
ニコライ1世 1796年 〜 1855年 ロシア
シーボルト 1796年 〜 1866年 日本
ヴィルヘルム1世 1797年 〜 1888年 ヨーロッパ
ハイネ 1797年 〜 1856年 ヨーロッパ
歌川広重 1797年 〜 1858年 日本
ドラクロワ 1798年 〜 1863年 ヨーロッパ
バルザック 1799年 〜 1850年 ヨーロッパ
フィルモア 1800年 〜 1874年 北アメリカ
徳川斉昭 1800年 〜 1860年 日本
生田万 1801年 〜 1837年 日本
江川太郎左衛門(江川英龍) 1801年 〜 1855年 日本
勝小吉 1802年 〜 1850年 日本
プチャーチン 1804年 〜 1883年 ロシア
ディズレーリ 1804年 〜 1881年 ヨーロッパ
コブデン 1804年 〜 1865年 ヨーロッパ
ハリス 1804年 〜 1878年 日本
高野長英 1804年 〜 1850年 日本
椋梨藤太 1805年 〜 1865年 日本
マッツィーニ 1805年 〜 1872年 ヨーロッパ
フアレス 1806年 〜 1872年 中南米
藤田東湖 1806年 〜 1855年 日本
ガリバルディ 1807年 〜 1882年 ヨーロッパ
ナポレオン3世(ルイ・ナポレオン) 1808年 〜 1873年 ヨーロッパ
グラッドストーン 1809年 〜 1898年 ヨーロッパ
プルードン 1809年 〜 1865年 ヨーロッパ
ロッシュ 1809年 〜 1901年 日本
リンカーン 1809年 〜 1865年 北アメリカ
ムラヴィヨフ 1809年 〜 1881年 ロシア
島津斉彬 1809年 〜 1858年 日本
緒方洪庵 1810年 〜 1863年 日本
堀田正睦 1810年 〜 1864年 日本
ショパン 1810年 〜 1849年 ヨーロッパ
カヴール 1810年 〜 1861年 ヨーロッパ
ブライト 1811年 〜 1889年 ヨーロッパ
佐久間象山 1811年 〜 1864年 日本
ルイ・ブラン 1811年 〜 1882年 ヨーロッパ
曾国藩 1811年 〜 1872年 東アジア
ストウ夫人 1811年 〜 1896年 北アメリカ
リヴィングストン 1813年 〜 1873年 ヨーロッパ
ワーグナー 1813年 〜 1883年 ヨーロッパ
洪秀全 1813年 〜 1864年 東アジア
鍋島直正 1814年 〜 1871年 日本
バクーニン 1814年 〜 1876年 ロシア
ローレンツ・フォン・シュタイン 1815年 〜 1890年 日本
ビスマルク 1815年 〜 1898年 ヨーロッパ
井伊直弼 1815年 〜 1860年 日本
グナイスト 1816年 〜 1895年 日本
永井尚志 1816年 〜 1891年 日本
島津久光 1817年 〜 1887年 日本
大久保忠寛 1817年 〜 1888年 日本
伊達宗城 1818年 〜 1892年 日本
アレクサンドル2世 1818年 〜 1881年 ロシア
岩瀬忠震 1818年 〜 1861年 日本
カール・マルクス 1818年 〜 1883年 ヨーロッパ
毛利敬親 1819年 〜 1871年 日本
ビクトリア女王 1819年 〜 1901年 ヨーロッパ
安藤正信 1819年 〜 1871年 日本
阿部正弘 1819年 〜 1857年 日本
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1820年 〜 1878年 ヨーロッパ
エンゲルス 1820年 〜 1895年 ヨーロッパ
ナイチンゲール 1820年 〜 1910年 ヨーロッパ
大院君 1820年 〜 1898年 東アジア
宮部鼎蔵 1820年 〜 1864年 日本
ドフトエフスキー 1821年 〜 1881年 ロシア
シュリーマン 1822年 〜 1890年 ヨーロッパ
ミドハト・パシャ 1822年 〜 1884年 地中海、西アジア
ユリシーズ・グラント 1822年 〜 1885年 北アメリカ
アブデュル・メジト1世 1823年 〜 1861年 地中海、西アジア
周布政之助 1823年 〜 1864年 日本
勝海舟 1823年 〜 1899年 日本
李鴻章 1823年 〜 1901年 東アジア
徳川家定 1824年 〜 1858年 日本
大村益次郎 1824年 〜 1869年 日本
岩倉具視 1825年 〜 1883年 日本
ボアソナード 1825年 〜 1910年 日本
クラーク 1826年 〜 1886年 日本
小栗忠順 1827年 〜 1868年 日本
芹沢鴨 1827年 〜 1863年 日本
山内容堂 1827年 〜 1872年 日本
河井継之助 1827年 〜 1868年 日本
松平慶永 1828年 〜 1890年 日本
篠原泰之進 1828年 〜 1911年 日本
パークス 1828年 〜 1885年 日本
西郷隆盛 1828年 〜 1877年 日本
武市瑞山 1829年 〜 1865年 日本
小田村伊之助 1829年 〜 1912年 日本
ジェロニモ 1829年 〜 1908年 北アメリカ
大久保利通 1830年 〜 1878年 日本
吉田松陰 1830年 〜 1859年 日本
ポルフィリオ・ディアス 1830年 〜 1915年 中南米
孝明天皇 1831年 〜 1866年 日本
中村正直(中村敬宇) 1832年 〜 1891年 日本
寺島宗則 1832年 〜 1893年 日本
チャールズ・ゴードン 1833年 〜 1885年 ヨーロッパ
木戸孝允(桂小五郎) 1833年 〜 1877年 日本
岩崎弥太郎 1834年 〜 1885年 日本
福沢諭吉 1834年 〜 1901年 日本
近藤勇 1834年 〜 1868年 日本
松方正義 1834年 〜 1924年 日本
橋本左内 1834年 〜 1859年 日本
江藤新平 1834年 〜 1874年 日本
前原一誠 1834年 〜 1876年 日本
ロエスレル 1834年 〜 1894年 日本
アンドリュー・カーネギー 1835年 〜 1919年 北アメリカ
前島密 1835年 〜 1919年 日本
松平容保 1835年 〜 1893年 日本
西太后 1835年 〜 1908年 日本
五代友厚 1835年 〜 1885年 日本
土方歳三 1835年 〜 1869年 日本
三島通庸 1835年 〜 1888年 日本
坂本龍馬 1835年 〜 1867年 日本
井上馨 1835年 〜 1915年 日本
ジョセフ・チェンバレン 1836年 〜 1914年 ヨーロッパ
榎本武揚 1836年 〜 1908年 日本
天璋院(篤姫) 1836年 〜 1883年 日本
板垣退助 1837年 〜 1919年 日本
児島惟謙 1837年 〜 1908年 日本
ブーランジェ 1837年 〜 1891年 ヨーロッパ
徳川慶喜 1837年 〜 1913年 日本
入江九一 1837年 〜 1864年 日本
三条実美 1837年 〜 1891年 日本
谷干城 1837年 〜 1911年 日本
グラバー 1838年 〜 1911年 日本
大隈重信 1838年 〜 1922年 日本
山県有朋 1838年 〜 1922年 日本
アフガーニー 1838年 〜 1897年 地中海、西アジア
中岡慎太郎 1838年 〜 1867年 日本
後藤象二郎 1838年 〜 1897年 日本
ジョン・ロックフェラー 1839年 〜 1937年 北アメリカ
高杉晋作 1839年 〜 1867年 日本
久坂玄瑞 1840年 〜 1864年 日本
黒田清隆 1840年 〜 1900年 日本
渋沢栄一 1840年 〜 1931年 日本
福地源一郎 1841年 〜 1906年 日本
田中正造 1841年 〜 1913年 日本
ウラービー(オラービー) 1841年 〜 1911年 地中海、西アジア
スタンリー 1841年 〜 1904年 ヨーロッパ
伊藤博文 1841年 〜 1909年 日本
吉田稔麿 1841年 〜 1864年 日本
大山巌 1842年 〜 1916年 日本
沖田総司 1842年 〜 1868年 日本
アブデュル・ハミト2世 1842年 〜 1918年 地中海、西アジア
大井憲太郎 1843年 〜 1922年 日本
井上毅 1843年 〜 1895年 日本
新島襄 1843年 〜 1890年 日本
マッキンリー 1843年 〜 1901年 北アメリカ
尚泰 1843年 〜 1901年 日本
品川弥二郎 1843年 〜 1900年 日本
片岡健吉 1843年 〜 1903年 日本
西郷従道 1843年 〜 1902年 日本
杉文 1843年 〜 1921年 日本
青木周蔵 1844年 〜 1914年 日本
陸奥宗光 1844年 〜 1897年 日本
山田顕義 1844年 〜 1892年 日本
新島八重 1845年 〜 1932年 日本
アレクサンドル3世 1845年 〜 1894年 ロシア
徳川家茂(徳川慶福) 1846年 〜 1866年 日本
和宮 1846年 〜 1877年 日本
トーマス・エジソン 1847年 〜 1931年 北アメリカ
桂太郎 1847年 〜 1913年 日本
中江兆民 1847年 〜 1901年 日本
森有礼 1847年 〜 1889年 日本
ゴーギャン 1848年 〜 1903年 ヨーロッパ
東郷平八郎 1848年 〜 1934年 日本
河野広中 1849年 〜 1923年 日本
ベルツ 1849年 〜 1913年 日本
ウィッテ 1849年 〜 1915年 ロシア
西園寺公望 1849年 〜 1940年 日本
乃木稀典 1849年 〜 1912年 日本
星亨 1850年 〜 1901年 日本
閔妃(明成皇后) 1851年 〜 1895年 東アジア
金玉均 1851年 〜 1894年 東アジア
コンドル 1852年 〜 1920年 日本
寺内正毅 1852年 〜 1919年 日本
高宗(朝鮮) 1852年 〜 1919年 東アジア
児玉源太郎 1852年 〜 1906年 日本
明治天皇 1852年 〜 1912年 日本
ゴッホ 1853年 〜 1890年 ヨーロッパ
金子堅太郎 1853年 〜 1942年 日本
ラーマ5世(チャラロンコン) 1853年 〜 1910年 南アジア、東南アジア
セシル・ローズ 1853年 〜 1902年 ヨーロッパ
片山東熊 1854年 〜 1917年 日本
全琫準 1854年 〜 1895年 東アジア
高橋是清 1854年 〜 1936年 日本
小村寿太郎 1855年 〜 1911年 日本
犬養毅 1855年 〜 1932年 日本
プレハーノフ 1856年 〜 1918年 ロシア
ティラク 1856年 〜 1920年 南アジア、東南アジア
ウッドロー・ウィルソン 1856年 〜 1924年 北アメリカ
後藤新平 1857年 〜 1929年 日本
植木枝盛 1857年 〜 1892年 日本
伊東巳代治 1857年 〜 1934年 日本
康有為 1858年 〜 1927年 東アジア
尾崎行雄 1858年 〜 1954年 日本
セオドア・ルーズベルト 1858年 〜 1919年 北アメリカ
秋山好古 1859年 〜 1930年 日本
木下尚江 1859年 〜 1937年 日本
袁世凱 1859年 〜 1916年 東アジア
ヴィルヘルム2世 1859年 〜 1941年 ヨーロッパ
片山潜 1859年 〜 1933年 日本
項目メニューに戻る

表: 「吉田松陰」と同時代の出来事

異国船打払令(無二念打払令) 1825年 日本
シーボルト事件 1825年 日本
蒸気機関車、実用化される 1825年 ヨーロッパ
デカブリストの乱 1825年 ロシア
英、海峡植民地(ペナン島、マラッカ、シンガポール)を成立させる 1826年 南アジア、東南アジア
寄場組合(改革組合村) 1827年 日本
調所広郷、薩摩藩の改革に着手 1827年 日本
トルコマンチャーイ条約 1828年 地中海、西アジア
英、カトリック教徒解放法が成立 1829年 ヨーロッパ
スタンダール 『赤と黒』 1830年 ヨーロッパ
オランダ、ジャワ島で強制栽培制度をはじめる 1830年 南アジア、東南アジア
葛飾北斎『富嶽三十六景』 1830年 日本
仏、七月革命が起き、ルイ・フィリップによる七月王政が成立 1830年 ヨーロッパ
インディアン強制移住法 1830年 北アメリカ
エジプト・トルコ戦争 1831年 〜 1840年 地中海、西アジア
仏の七月革命が波及し、オランダからベルギー独立 1831年 ヨーロッパ
英、第1回選挙法改正 1832年 ヨーロッパ
歌川広重『東海道五十三次』 1832年 〜 1833年 日本
天保の飢饉 1833年 〜 1839年 日本
英、工場法制定 1833年 ヨーロッパ
英、奴隷制禁止 1833年 ヨーロッパ
英、工場法、制定される 1833年 ヨーロッパ
ドイツ関税同盟、発足 1834年 ヨーロッパ
テキサス独立戦争 1836年 北アメリカ
アラモの戦い 1836年 北アメリカ
郡内一揆(郡内騒動) 1836年 日本
生田万の乱 1837年 日本
モリソン号事件 1837年 日本
英、人民憲章、作成される 1837年 ヨーロッパ
英、チャーティスト運動 1837年 〜 1858年 ヨーロッパ
大塩平八郎の乱 1837年 日本
高野長英『戊戌夢物語』 1838年 日本
渡辺崋山『慎機論』 1838年 日本
緒方洪庵、「適塾((適々斎塾)」をひらく 1838年 日本
村田清風、長州藩の改革に着手 1838年 日本
蛮社の獄 1839年 日本
アヘン戦争はじまる 1840年 〜 1842年 東アジア
「三方領知替え」問題起こる(翌年、撤回) 1840年 〜 1841年 日本
株仲間解散令 1841年 日本
天保の改革はじまる 1841年 〜 1843年 日本
薪水給与令 1842年 日本
南京条約(アヘン戦争の結果) 1842年 東アジア
上知令 1843年 日本
人返し令(人返しの法) 1843年 日本
大蔵永常『広益国産考』 1844年 日本
シク戦争 1845年 〜 1849年 南アジア、東南アジア
米、テキサス併合 1845年 北アメリカ
アメリカ・メキシコ戦争 1846年 〜 1848年 北アメリカ
ビッドル(米)、浦賀に来航 1846年 日本
英、穀物法廃止 1846年 ヨーロッパ
米、カリフォルニアを獲得 1848年 北アメリカ
マルクス、エンゲルス『共産党宣言』 1848年 ヨーロッパ
カリフォルニアで金鉱が発見され、ゴールドラッシュがはじまる 1848年 北アメリカ
フランクフルト国民議会が開催される(独) 1848年 〜 1849年 ヨーロッパ
仏、二月革命が起き、第二共和政が成立 1848年 ヨーロッパ
オーストリア・プロイセンで三月革命が発生 1848年 ヨーロッパ
1848年革命 1848年 ヨーロッパ
バーブ教徒の乱 1848年 〜 1850年 地中海、西アジア
英、航海法廃止 1849年 ヨーロッパ
佐賀藩(鍋島直正)、反射炉の建設に着工 1850年 日本
ロンドン万国博覧会 1851年 ヨーロッパ
太平天国の乱はじまる 1851年 〜 1864年 東アジア
島津斉彬、薩摩藩主となり、殖産興業に取り組む 1851年 日本
ストウ夫人 『アンクル・トムの小屋』 1851年 〜 1852年 北アメリカ
仏、ナポレオン3世による第二帝政はじまる 1852年 〜 1870年 ヨーロッパ
クリミア戦争 1853年 〜 1856年 ロシア
ペリー来航 1853年 日本
日米和親条約 1854年 日本
カンザス・ネブラスカ法 1854年 北アメリカ
安政東海地震・安政南海地震 1854年 日本
アレクサンドル2世、即位 1855年 〜 1881年 ロシア
安政の江戸地震 1855年 日本
アロー戦争 1856年 〜 1860年 東アジア
シパーヒーの反乱、はじまる 1857年 〜 1859年 南アジア、東南アジア
安政の五カ国条約 1858年 日本
アイグン条約 1858年 東アジア
徳川家茂、第14代将軍に就任 1858年 日本
天津条約(1858年) 1858年 東アジア
仏越戦争、はじまる 1858年 〜 1862年 東アジア
ムガル帝国、滅亡。英、インドを直接統治する。 1858年 南アジア、東南アジア
安政の大獄 1858年 〜 1859年 日本
日米修好通商条約 1858年 日本
外国との貿易、「はじまる 1859年 日本
北京条約 1860年 東アジア
五品江戸廻送令 1860年 日本
桜田門外の変 1860年 日本
ガリバルディ、両シチリア王国を征服。 1860年 ヨーロッパ
清、洋務運動はじまる 1860年 〜 1894年 東アジア
メキシコ内乱 1861年 〜 1867年 中南米
アレクサンドル2世(露)、農奴解放令を発布 1861年 ロシア
アメリカ南北戦争 1861年 〜 1865年 北アメリカ
同治の中興 1861年 〜 1874年 東アジア
イタリア王国、成立 1861年 〜 1946年 ヨーロッパ
西太后、実権を握る 1861年 東アジア
和宮降嫁 1862年 日本
生麦事件 1862年 日本
坂下門外の変 1862年 日本
文久の改革 1862年 日本
ホームステッド法 1862年 北アメリカ
ビスマルク、プロイセンの首相に就任 1862年 〜 1890年 ヨーロッパ
薩英戦争 1863年 日本
リンカーン、奴隷解放宣言 1863年 北アメリカ
八月十八日の政変 1863年 日本
仏、カンボジアを保護国とする 1863年 南アジア、東南アジア
第1次長州征討 1864年 日本
池田屋事件 1864年 日本
禁門の変(蛤御門の変) 1864年 日本
第一インターナショナル結成 1864年 〜 1876年 ヨーロッパ
四国艦隊下関砲撃事件 1864年 日本
項目メニューに戻る

関連情報: Wikipediaツイート で「吉田松陰」を調べる

「吉田松陰」の関連ノート

【下田の吉田松陰像。】1854年、ペリーは日米和親条約締結のため、下田に来航した。

吉田松陰は金子重輔とともに小舟でペリー艦隊に近づき、許可を得て乗り込んだ。彼らは外国へ密航しようと企てたが、望みはかなわず、陸へ送り返された。

下田の吉田松陰像。

作成日:2015/1/18 , 地図あり, by rekius 開く

下田 吉田松陰 静岡県 下田市

【歩きに歩いた男、吉田松陰〜花燃ゆ 第2回「波乱の恋文」〜】吉田松陰は幕末の長州藩士で、尊王攘夷派思想を唱え、また、長州藩・萩の松下村塾で、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文などを育てた人物として知られています。

しかし、松陰の足跡を見ていくと、彼が机上の学者ではなく、「旅する学者」であることが分かるでしょう。
彼は山鹿流の兵学者であったので、その目で日本諸国を見て廻り、海防の状況の調べたのでした。そして、名のある人物を尋ね、常に自分の考えを磨き続けたのでした。

そういう求道者的な態度に加えて、元来の聡明さと孟子的な熱意でもって、歳月を過ごしたものですから、年々、彼の知見は深まり、凄みを増していったのではないでしょうか。それが多感な若者たちを吸引して、松下村塾に集わせたのかなと思います。

さて、松陰は1850年の九州遊学を皮切りに、下田密航(1854年)で捕らえれるまで、日本諸国を歩きに歩きました。
1851年に江戸遊学、そして、同年、脱藩して、東北視察へ。翌年、江戸に戻ってきました。
長州藩は彼を萩への送還しました。

ここが第2回までの内容です。

松陰はわずか3年の間に、九州、江戸、東北を歩きに歩いたのでした。
しかも徒歩で。

花燃ゆでは、このあたりのプロセスがサクッと縮められていました。
もっとガッツリ知らたい方は司馬遼太郎『世に棲む日日』をご覧になるといいと思います。

歩きに歩いた男、吉田松陰〜花燃ゆ 第2回「波乱の恋文」〜

作成日:2015/1/18 , by rekius 開く

吉田松陰 幕末維新 花燃ゆ

【花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物の末路】花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物を8名を挙げてみました。

そのうち、1864、65年で斃れた人物は何と4名。
偶然にも、死因はみな違いました。

椋梨藤太は捕らえれて、処刑。
佐久間象山は暗殺。
宮部鼎蔵は池田屋事件で闘死。
周布政之助は藩政の軋轢で自害。

むろん、吉田松陰はこの時すでに亡くなっています。
凄まじい。

画像の出元は↓
http://rekius.com/timelines/98/age_diff?item_id=1062

花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物の末路

作成日:2015/1/13 , by rekius 開く

花燃ゆ

【【動画】花燃ゆ「第1回人むすぶ妹」ー毛利家小史と萩の地勢ー】2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」を見るにあたって、知っておきたいことをまとめました。

1.毛利家の小史
戦国時代、毛利家を中国地方の覇者に押し上げた毛利元就とそれを受け継いだ毛利輝元。毛利家は豊臣秀吉の傘下に入ることで中国地方の雄としてその勢力を維持しました。

しかし、関ヶ原の戦いの時、毛利輝元は西軍の名目上の総大将となり、西軍敗北を受けて、領土を1/3に減らされ、周防・長門(山口県)に逼塞を余儀なくされました。

2.萩の地勢
萩は山口県の日本海側にある盆地で、長州藩の首都でした。
萩は、東を松本川、西を橋本川が流れ、それらの川に囲まれた都市です。萩と山陽道に面する三田尻は、萩往還で結ばれています。

長州藩主は北西の萩城にあり、萩城を守る形で重臣屋敷が囲っています。高杉晋作の高杉家は身分の高い家だったので、重臣屋敷のすぐ東側に屋敷がありました。

杉家は高杉家と比べると、身分・家禄が低く(杉家の家禄は26石、高杉家は200石)、松本川のさらに東側に屋敷があり、吉田松陰が小さい頃は貧しい暮らしをしていました。

大体、この辺りを頭に入れておくと、より大河を楽しめると思います。

【動画】花燃ゆ「第1回人むすぶ妹」ー毛利家小史と萩の地勢ー

作成日:2015/1/11 , 地図あり, by rekius 開く

動画 幕末維新 大河ドラマ 長州藩 花燃ゆ 山口県 萩市

【吉田松陰の少年・青年期と世界情勢】1840年にアヘン戦争で清王朝が負けて、東アジア秩序に激震が走ったわけですが、1850年に入ると、中国では太平天国の乱、中央アジアではクリミア戦争が勃発します。。

吉田松陰は多感な頃にアヘン戦争を伝聞し、青年期にペリー来航という西洋の現実の脅威を目の当たりにしました。このことが青年の心を強く揺さぶったことは想像に難くありません。

<div></div>

吉田松陰の少年・青年期と世界情勢

作成日:2015/1/6 , by rekius 開く

ペリー来航 吉田松陰 幕末維新

【司馬遼太郎『世に棲む日日』、Kindleで発売】司馬遼太郎『世に棲む日日』(文藝春秋)、明日(2014/12/12)、Kindleで発売されますね! 
『世に棲む日日』の前半の主人公は吉田松陰で、後半は高杉晋作。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E3%81%AB%E6%A3%B2%E3%82%80%E6%97%A5%E6%97%A5%E3%80%881%E3%80%89-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/B00OT8C2I2/ref=sr_1_1_twi_2?ie=UTF8&qid=1418224014&sr=8-1&keywords=%E4%B8%96%E3%81%AB%E6%A3%B2%E3%82%80%E6%97%A5%E6%97%A5

司馬遼太郎『世に棲む日日』、Kindleで発売

作成日:2014/12/11 , by rekius 開く

吉田松陰 高杉晋作 司馬遼太郎

外国の事情を見聞するため、吉田松陰は、下田に来航したペリー艦隊に乗船して、密航を企てた。その時、松陰は金子重輔とここ弁天島から小舟で漕ぎだした。

もの凄い行動力。結局、彼らの願いは聞き入れられず、米艦から送り返されて投獄された。

作成日:2014/9/22 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

下田 吉田松陰 静岡県 下田市

【安政の大獄】伝馬町牢屋敷跡。<br>江戸城の北東に位置し、現在の十思公園(東京都中央区小伝馬町)周辺にあった。<br><br>幕末の安政の大獄では、吉田松陰、橋本左内らが入牢した。

作成日:2014/5/16 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

幕末史(3)ー大老・井伊直弼と桜田門外の変ー 東京都 中央区

【吉田松陰】伝馬町牢屋敷跡にある「松陰先生終焉之地」石碑。<br>安政の大獄により、吉田松陰はこの地で処刑された。

作成日:2014/5/16 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

幕末史(3)ー大老・井伊直弼と桜田門外の変ー 東京都 中央区

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル