【荒川渡河作戦に失敗した男-扇谷上杉定正-】<h3>舞台は赤浜</h3>
<p>鉢形城の東に赤浜という土地がある。ここが鎌倉街道上道の荒川渡河地点だった。</p>
<p><a><img></a></p>
<div>
<em>2010年5月1日撮影</em><br><em> 荒川の南岸、赤浜の渡し(渡河地点)付近。</em>
</div>
<div> </div>
<h3>意外と少ない渡河地点</h3>
<p>川というのは、一見どこでも渡れそうだが、大河の場合、川底の地形や水量の多寡という条件があるため、渡れるところと渡れないところがある。渡れて、かつ、交通の便がよい場所が重要な渡河地点となる。</p>
<p>現在、荒川であれ、利根川であれ、川沿いを自転車で走ると、サイクリングロードが整備され、快適に走ることができる。基本的に堤防に囲まれているので、視界は限られる。その限られた視界に、橋が現れては消えてゆく。「○○橋」という橋の名前を見ないと、自分がどこまで走ったか、分からなくなる。</p>
<p>いずれにしても、これらの橋があることで、両岸を容易に行き来できる。だが、もし橋がなかったらと想像してもらいたい。渡るのは大変である。まず、川を渡ると、服が濡れる。転んで怪我をしたり、下手をすると、溺れて落命するかもしれない。であるから、かつて、渡河していた人々はおそらく何か用事があって川を 渡っていたはずで、荷物を持っていることも多かっただろう。</p>
<h3>架橋・治水技術の成果</h3>
<p>江戸時代に、大井川の増水によって、宿場町に何日も足止めされ、その間に路銀をすっかり失ったという話もあるように、大河というのは雨が降って増水すると渡れなく なることがあった。現代は極端な場合を除いて、川が増水して渡れないというケースは経験しないだろう。それは川の上流にダムなどの治水対策が施されていて、水量を調節しているためである。</p>
<p>実際、長尾景春の乱が発生した当初、太田道灌は相模にいる味方を呼び寄せて、江戸城-川越城ラインを遮断する豊島氏を攻めようとしたが、大雨で多摩川が増水して、相模勢は来ることができなかったという。</p>
<h3>渡河作戦の難しさ</h3>
<p>このように、橋とダムによって、現代では川を意識することが少なくなったが、中世における河川の状況は随分違ったことをお分かりいただけたと思う。しかも、軍事作戦で川を渡るとなると一層困難である。</p>
<p>まず、重量のある甲冑を身につけ、騎馬武者は馬に乗って渡河する。そればかりか、対岸には敵が手ぐすね引いて待っているのである。<br> 水の中では、陸上のように機敏に動けないから、まさに格好の標的となってしまう。そして、味方に死傷者を出しながらも、弓矢の雨の中を必死に渡って、運よく対岸に着いたとしても、優勢な敵が味方を袋叩きにしようと待っている。</p>
<p>このように渡河作戦は困難なので、孫子の兵法書に渡河方法が書かれている(行軍篇(第九))ほど、渡河はいくさにおける重要なテーマだった。</p>
<h3>扇谷上杉定正</h3>
<p>さて、この話の主人公は、扇谷上杉定正という人物である。<br> この男は、山内上杉顕定にそそのかされて、自分を擁立し、しかも自家の勢力を強めてくれた、家宰の太田道灌を謀殺した人物として歴史に記録されている。道灌を謀殺したことで、定正に見限りをつける勢力もあり、扇谷家の勢力は減退したが、定正は凡庸な人物ではなかった。</p>
<h3>定正、関東三戦に勝利する</h3>
<p>道灌謀殺後、定正は関東管領家の山内上杉顕定と対立関係に入った。</p>
<p>不利な形勢の中で、軍事面では長享2年(1488年)の関東三戦(実蒔原の合戦、須賀谷原の合戦、高見原の合戦)を有利に進め、外交では第2代古河公方の足利政氏や政氏の庇護下にあった長尾景春、そして、伊豆を奪取した北条早雲を味方につけ、山内上杉顕定に対抗した。</p>
<h3>定正の荒川渡河作戦</h3>
<p>その後、徐々に勢力を北武蔵に伸ばした定正はついに明応3年(1494年)に荒川に到達し、渡河しようとした。なお、この作戦には定正の援軍として早雲も参戦している。<br> もしこの作戦が成功し、上野国の山内上杉氏を倒せば、山内上杉氏に代わって、扇谷上杉氏が関東の覇者になれる可能性が出てくる。</p>
<p>だが、ここで思いがけないことが起こったのである。定正が荒川渡河時に落馬して、頓死してしまった。扇谷上杉氏の当主になってから約20年もの間、関東の戦乱を生き抜き、道灌謀殺後の苦しい時期も何とか切り抜けてきた定正に一体何が起こったのか。それは残念ながら分からないが、荒川の存在とその流れが彼の落 命の一因となったことは確かだろう。</p>
<p>定正落命は、司馬遼太郎『新装版 箱根の坂(下)』 (講談社文庫)<img>、伊東潤『疾き雲のごとく』<img>の第2話「守護家の馬丁」で書かれている(司馬さんの本では赤浜を過ぎた荒川北岸で、伊東さんの本では荒川南岸で死亡したことになっている。詳しくは各書籍をご覧いただきたい)。</p>
<h3>定正の荒川渡河作戦失敗時の関連人物たち</h3>
<div> </div>
<h3>定正の死と扇谷上杉氏の衰退</h3>
<p>原因はどうあれ、定正が死去したことで、元々、勢力的に劣勢だった扇谷上杉氏は急速に衰退していく。結果からみると、やはり彼の存在が扇谷上杉氏を支えていたことが分かる。</p>
<h3>早雲を関東に引き入れた定正</h3>
<p>もう1つ、彼の果たした役割としては北条早雲を関東に引き入れたことである。<br> 定正の養子、扇谷上杉朝良の代に早雲は小田原を手に入れ、関東の西の入り口に地盤を得た。そして、最終的に、早雲は相模一国を手に入れるのである。<br> それから半世紀ほど後、早雲の孫、北条氏康が最終的に川越夜戦で扇谷上杉氏を滅ぼすことになる。短期的に正しい決断が、長期的に見ると必ずしも正しくないこともあるという一例だろう。</p>
<h3>再び、赤浜</h3>
<p>私は赤浜の渡しで大きな石の前に立っている。</p>
<p><a><img></a></p>
<div>
<em>2010年5月1日撮影</em><br><em> 赤浜の渡河地点付近の写真。</em><br><em> 岩の背後にある道路は、関越自動車道。時代は違えど、同じようなところに幹線道路が通っている点が興味深い。</em>
</div>
<div> </div>
<p>5月初旬だったこともあり、ボカボカ陽気で眠くなるようなところだった。<br> 中世の名もなき人々、そして、著名な歴史人物(たとえば、元弘3年(1333年)5月、鎌倉幕府を倒すため軍を率いて鎌倉街道上道を南下した新田義貞)もこの辺りを渡ったことだろう。<br> そして、高見原から鎌倉街道の上道を北上してきた定正は、鎌倉街道上道の高地から赤浜の低地の風景を目にしたあと、この辺りで荒川を渡河しようとして落命したのかもしれない。</p>
<p>今は近くに橋がかかっているので、釣り人らしき人以外、誰も顧みないこの地は、かつて坂東武者たちの生死を懸けた歴史の舞台だったのである。</p>
<p><a><img></a></p>
<div>
<em>2010年5月1日撮影</em><br><em> 鎌倉街道上道から赤浜をのぞむ。対岸が北岸の花園。</em><br><em> 写真右側の川が荒川。赤浜の渡河地点である赤浜の渡しは、写真右端辺りにあった。</em><br><em> 赤浜の北岸が花園である。</em><br><em> 荒川を奥に行くと(西に行くと)、鉢形城がある。さらに、西に行くと秩父に至る。</em>
</div>
<p><a><img></a></p>
<div>2010年5月1日撮影:<br> 上の写真を撮影した付近に立っていた標識。<br> この近辺では、このような標識がいくつか立っている。</div>
<div> </div>

荒川渡河作戦に失敗した男-扇谷上杉定正-

作成日:2014/6/26 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

赤浜の渡し 上杉定正 埼玉県 大里郡

<p>赤浜の渡しから少し南下した高台に立っていた標識。<br> この近辺では、このような標柱がいくつか立っている。</p>

作成日:2014/6/26 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

鎌倉街道上道 赤浜の渡し 埼玉県 大里郡

【鎌倉街道上道・赤浜の渡しから関越自動車道を撮影】<p>赤浜の渡河地点付近の写真。<br> 岩の背後にある道路は、関越自動車道。時代は違えど、同じようなところに幹線道路が通っている点が興味深い。</p>

鎌倉街道上道・赤浜の渡しから関越自動車道を撮影

作成日:2014/6/26 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

鎌倉街道上道 赤浜の渡し 埼玉県 大里郡

<p>五十子陣の北側、利根川南岸から赤城山(右側)と榛名山(左側)がうっすら見える。</p>
<p>享徳の乱の時には、利根川北岸に古河公方・北関東勢が陣取り、南岸の五十子陣には両上杉勢が対陣していた。<br>ということは、こんな感じの風景を太田道灌、長尾景春らも見ていただろう。</p>

作成日:2014/6/26 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 本庄市

<p>杉山城の西側から見下ろすと、かつて鎌倉街道上道が通っていた平野が見える。</p>

作成日:2014/6/25 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 比企郡

【四津山城(高見城)からの眺め】<p>物見の城としては申し分ない視野である。<br> 山麓を鎌倉街道が通っている。旧鎌倉街道沿いを北から走ってくると、この山が四津山城(高見城)だとすぐに分かった。ということは城からも私が走ってきた道が見えているはずである。</p>
<p><br> なお、写真中央あたりで、長享2年(1488年)に両上杉勢が戦った(高見原合戦)。</p>

四津山城(高見城)からの眺め

作成日:2014/6/25 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

高見原合戦 埼玉県 比企郡

【空より広き 「谷中湖」の原?】<h2>武蔵、下野、常陸の接点を巡る</h2>
<p>古河城、小山城、結城城を1日でまわるという意欲的なプランを立て、今年(2010年)の5月はじめ頃に現地に行ってきた。この辺りは、享徳の乱後、古河公方の地盤となった地域である。</p>
<h2>参考資料: 享徳の乱</h2>
<p>関東は、畿内の応仁の乱に先駆けて、享徳の乱が起こり、戦乱の時代へと入った。</p>
<div> </div>
<h2>利根川を渡り、古河、そして、谷中湖へ</h2>
<p>まずは栗橋駅で降り、利根川を渡って、古河に向かった。妙なところにある古河城跡(治水の影響で堤防の天辺にある)を見た後、谷中湖に向かった。谷中湖は今回のテーマには関係なかったのだが、とても大きな湖と湿地帯が地図に示されていたので、どんなところか興味を持ったのである。</p>
<div> </div>
<p>実際に谷中湖に向かって自転車で走ってみると、とてつもない広さで驚いた。 こんな感じである。</p>
<p><img></p>
<div><em>アメリカ西部やオーストラリアなら、いざ知らず、日本でこんなに広いところがあろうとは…。</em></div>
<h2>日が地に沈む</h2>
<p>司馬遼太郎の『<a>箱根の坂</a>』で、都から来た歌人が先人の歌で坂東の広さを知っているはずなのにも関わらず、皆一様にその広さに驚いたと書いていた。「都は日が山からのぼり、山に沈むが、坂東は地からのぼり、地に沈む」、確かこんなような表現だったように思う。今の東京の空はビルが林立して狭いが、この辺はそういう雰囲気を色濃く残している。 もしかしたら、中世の坂東の低地とはいうのはこんな感じだったのかもしれない。</p>
<p><a><img></a></p>
<p><a><img></a></p>
<h2>空より広き</h2>
<p>こういった土地で生活するにはもう馬に乗るしかないのではないか。歩いていたら、埒が明かないだろう。「武蔵野はどのようなところか」という帝の問いに対し、太田道灌が答えたという</p>
<blockquote>
<div>露おかぬ かたもありけり 夕立の<br>    空より広き 武蔵野の原</div>
</blockquote>
<p>という歌を思い出さずにはいられない。「空より広き」とは雄大である。<br>10km四方ほどでしかない、京都の盆地の住人とは距離感覚も違っていただろう。そういうところで、坂東武者たちは狩り、笠懸、流鏑馬、犬追物などで、弓矢を鍛えて、「いざ、鎌倉」と備えていたのかもしれない。</p>
<h2>ここはどこ?</h2>
<p>いろいろと勝手な想像を膨らませながら走っていると、いつしか自分がどこを走っているか、分からなくなった。</p>
<p>ひたすら広く、ランドマークがないので、距離感がつかめない。それでも、しばらく道なりに走っていると、幸運にも地図があった。しかし、その地図は相当大雑把で、しかも現在地が書いていない。少なくとも、この地図の作成者は、迷子の輩に現在地を教えるつもりで作ったのではないらしい。</p>
<h2>おやじさん、登場</h2>
<p>しばらくの間、どうしようか地図を見ながら考えていると、中年のおやじさんが話しかけてくれた。どうも散歩をしている人らしい。</p>
<p>「どうしたの?」<br> 「ええと、ちょっと谷中湖に行く道が分からなくてですね、それでこの地図を見ていたんですが、この地図を見てもよく分からないんですよ。」</p>
<p>おやじさんは地図を見て、 <br>「本当だ。現在地、書いてないね。」 <br>「今、この地図で言うと、どの辺りなんですか?」 <br>「ええとね。実はオレもよく分からないんだ。」<br>「エエッ」散歩をしている人が現在地を知らないとはどういうことなのであろうか。<br>「こんだけ広いでしょ。だからどこ歩いているか、よく分からないんだよね。」</p>
<p>「・・・」私が絶句していると、<br> 「けど、毎日同じコースを歩いているから、オレは平気なんだよ。」 <br>「そうなんですか。」なるほど、全体像を掴んでいなくても、自分が歩く道だけ知っていれば、問題なさそうだ。<br> 「じゃあ、もう少し走って、他の人に聞いてみます。」 <br>「うん、そうしてよ。気をつけてね。」</p>
<p>まさか、谷中湖の周辺に住んでいる人は、皆、こんな感じの地理感覚の持ち主なのかと疑ってしまった。しかし、おやじさんと別れた後、縁あって2人の中年の男性と話をしたのだが、その人たちはちゃんと地理が分かっていた(しかも、地元の方だった)。</p>
<p>であるから、おそらく、おやじさんの感覚が特別だったのだろうと思う。 いずれにしろ、谷中湖周辺がいかに広々としているか、ひいては幻の坂東原風景を読者に伝えるために、素晴らしいエピソードをプレゼントしてくれたおやじさんに感謝したい。</p>
<p>(終)</p>

空より広き 「谷中湖」の原?

作成日:2014/6/22 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

谷中湖 フィールドをゆく 太田道灌 室町体制崩壊期の関東と太田道灌ーフィールドをゆく(2)ー 埼玉県 加須市

【川越城】三ツ木原古戦場碑。1537年、川越城攻略を目指す北条氏綱が扇谷上杉朝定の軍勢と戦い、勝利した。その古戦場。

作成日:2013/4/16 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 狭山市

【菅谷館】菅谷館の北にある武蔵嵐山駅から北側を撮影。長享の乱の菅谷原合戦(1488年)はこの辺りで戦われたと思われる。菅谷原合戦は、両上杉による合戦で、戦死者700名、馬数百匹が倒れたという。<br><br>      なお、杉山城はここから北西約2.5kmで、写真の左側にあるはず(見えないが)。

作成日:2013/3/4 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

菅谷館と松山城を歩く 武蔵比企丘陵の城 埼玉県 比企郡

【菅谷館】左手の盛土が正てん門。右手の土塁は三の郭虎口の北側。正てん門は西の郭から三の郭に侵入する際の目隠しになっている。

作成日:2013/3/3 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

菅谷館と松山城を歩く 埼玉県 比企郡

【松山城】三の曲輪から曲輪四を撮影。曲輪四は三の曲輪よりも一段低い。

作成日:2013/3/3 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

菅谷館と松山城を歩く 埼玉県 比企郡

【杉山城】現地北側の案内板。杉山城の入り口がなかなか分からず困った。当時はiPhoneを持っていなかったので、7万分の1と2.5万分の1の地図をプリントアウトして持って行っていた。城の近くまで行き、入り口が分からなかったら、近所の人に聞くということをしていた。<br><br>中・北武蔵の公園化されていない山城は、本当に入り口が分かりずらい。まあ、それも楽しみの1つなのだが。

作成日:2013/2/22 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

武蔵比企丘陵の城 埼玉県 比企郡

【鉢形城】東日本大震災で破壊されたと思われる、三の曲輪、復原四脚門の土塀

作成日:2013/1/15 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

冬の鉢形城 埼玉県 大里郡

【鉢形城】二の曲輪と三の曲輪を区切る堀の中から木橋を撮影。あまり伝わっていないような。。

作成日:2013/1/15 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

冬の鉢形城 埼玉県 大里郡

【鉢形城】二の曲輪と三の曲輪を区切る堀と渡す木橋

作成日:2013/1/15 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

冬の鉢形城 武蔵比企丘陵の城 埼玉県 大里郡

【忍城】丸墓山から忍城をのぞむ。石田三成が本陣を置いた丸墓山から忍城をのぞむ。<br>忍城は、中央やや左の鉄塔の右側、写真のほぼ中央部にある。肉眼でも確認できた。<br><br>水攻めの際には、右手から利根川の水が、左手から荒川の水が襲ってきたはず。<br>『のぼうの城』では、手前の水田は水浸しになり、小高い忍城の二ノ丸、本丸付近が浮かんでいる感じ。

作成日:2012/10/27 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

のぼうの城、予習 埼玉県 行田市

【忍城】御三階櫓から長野口方面を撮影。『のぼうの城』では、長野口は柴崎和泉守が守備し、大谷吉継勢と戦った場所。

作成日:2012/10/27 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

のぼうの城、予習 埼玉県 行田市

【鉢形城】本丸跡の石碑

作成日:2013/1/15 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

冬の鉢形城 埼玉県 大里郡

【鉢形城】鉢形城のジオラマ。右端の窪みが荒川。荒川に面して、切り立っているのが鉢形城。

作成日:2013/1/15 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

冬の鉢形城 埼玉県 大里郡

【鉢形城】鉢形城の北を流れる荒川

作成日:2013/1/15 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

冬の鉢形城 武蔵比企丘陵の城 埼玉県 大里郡

【川越城】本丸の三芳野神社にある土塁。縄張り図を見ると、土塁上の休憩所の場所に、何らかの建物が建っていたようだ。

作成日:2013/5/24 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 川越市

【川越城】川越市立博物館は、かつての二ノ丸跡地に建っている。

作成日:2013/5/24 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 川越市

【川越城】改修された本丸御殿。パッと見て、改修中の時と見た目は変わらないが、内部が新しくなったそうだ。

作成日:2013/5/23 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 川越市

【川越城】川越市役所前にある縄張り図

作成日:2013/5/22 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

川越めぐりー河越合戦から467年目ー 埼玉県 川越市

【川越城】中曲輪から三ノ丸方面(東)を撮影。「郭町」交差点が見える。交差点のすぐ東側に三ノ門があったようだ。

作成日:2013/5/21 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

川越めぐりー河越合戦から467年目ー 埼玉県 川越市

【川越城】中門堀跡。西大手門を経て、東に進むと、中ノ門に至る。中ノ門の南東に中門堀があった。中ノ門をくぐると、中曲輪に至る。

作成日:2013/5/21 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

川越めぐりー河越合戦から467年目ー 埼玉県 川越市

【川越城】川越市役所の太田道灌像

作成日:2013/5/20 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

川越めぐりー河越合戦から467年目ー 埼玉県 川越市

【川越城】大手門跡。太田道灌像と市役所が西にある。パッと見て、ここがかつての大手門跡とは想像できないと思う。

作成日:2013/5/20 , 地図あり・方位あり・方位あり, by fuji3zpg 開く

川越めぐりー河越合戦から467年目ー 埼玉県 川越市

【川越城】砂久保。河越合戦の際には扇谷上杉朝定勢が陣を敷いていたらしい。

作成日:2013/4/16 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 川越市

【柏原砦】現地案内板

作成日:2013/4/16 , 地図あり, by fuji3zpg 開く

埼玉県 狭山市

織田信長 のノート

本圀寺跡の石碑。1568年、織田信長の後ろ盾を得て、上洛を果たした足利義昭は本圀寺(日蓮宗)に入った。しかし、翌年、京都を追われた三好三…
勝幡城。中世の尾張で水運と商業の拠点として栄えた津島の北東3kmにある。織田信長が誕生した城で、一時、信長の父、織田信秀の居城でもあった…
織田信長の父、織田信秀の年表。1510年頃、清須織田家の三奉行の1つ、織田弾正忠信定の子として誕生。1533年、飛鳥井雅綱と山科時継が勝…
古渡城(ふるわたり)1534年、織田信秀が古渡城を築城。1546年、織田信長が古渡城で元服。1548年、織田信秀が末森城を築城し、古渡城…
【京都御所】1569年、織田信長が擁立した足利義昭の御所として建てた二条御所(旧二条城)の石垣。烏丸線建設時に発掘された石垣を復元したと…
【躑躅ヶ崎館】西曲輪、南側の土塁。確かに土塁は高いが、武田信玄最盛期の頃、100万石の大名の居城とは思えないものだった。おそらく、信玄は…
【本圀寺】1569年、織田信長の後ろ盾を得て、上洛を果たした足利義昭は本圀寺に入った。しかし、京都を追われた三好三人衆は反撃に転じて、本…
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
長尾景春 〜「長尾為景」になり損ねた男〜

北条早雲 のノート

韮山城の本丸から守山をのぞむ。 守山は写真中央奥の濃い緑の丘陵。守山の背後(西)には狩野川が北流し、手前(東)には下田街道が通って…
大徳寺の総門。大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、京都の紫野にある。大徳寺に在籍した僧として、一休宗純や沢庵が有名。また、大仙院庭園は、東…
願成就院がある韮山の平野は、平安末期、鎌倉北条氏の地盤で、北条時政が願成就院の開基。願成就院は盛衰を重ねな室町時代の1493年、北条早雲…
延命寺。戦国初期の1513年、東進を続ける北条早雲に対し、三浦道寸は岡崎城、鎌倉で戦ったが、敗北。三浦半島南部の新井城に落ちた。早雲勢を…
住吉城。戦国初期の1513年、東進を続ける北条早雲に対し、三浦道寸は岡崎城、鎌倉で戦ったが、敗北。三浦半島南部の新井城に落ちた。早雲勢を…
小田原城本丸の天守閣。北条早雲時代の小田原城主郭は小田原城本丸の北側の八幡山古郭と言われている。八幡山古郭の方が本丸よりも標高が高いので…
新井城の主郭を囲む高い土塁。小田原城を押さえた北条早雲は、三浦道寸率いる三浦勢を破って、さらに東進を続け、ついに、ここ新井城に押し込めた…
高越城跡。近年の研究で、高越城のある備中荏原荘は北条早雲の出身地とされている。・井原市観光協会http://www.ibarakanko…
狩野城。伊豆の国人、狩野一族の本拠地。北条早雲が伊豆に討ち入った際、狩野氏は、堀越公方の足利茶々丸の与党だったため、早雲と敵対した。茶々…
深根城。下田城から8kmほど北方、稲生沢川の南側にある。1498年、北条早雲は、敵対していた堀越公方・足利茶々丸の支持基盤たる南伊豆制圧…

武田信虎 のノート

北条早雲と武田信虎は同時代人
若き武田信虎による甲府盆地統一戦の絵地図。 昭和インター辺りから竜王の信玄堤→椿城(上野城)→富田城を歴史サイクリングしたが、黄色の太…
武田信虎と戦った大井信達の居城、椿城。その椿城に向う台地から甲府盆地をのぞむ。 街がずいぶん小さく見える。
武田信玄公母堂、大井夫人誕生の椿城跡
釜無川にかかる橋の上から雲間の光をのぞむ。本物は遥かによかった。 武田信虎や武田信玄も同じような空を見ただろう。
「飯田河原古戦場慰霊碑」付近から荒川左岸を撮影。 1521年、福島正成率いる駿河勢は1万5千ともいう大軍で甲斐に侵入したため、武田信虎…
躑躅ヶ崎館付近の絵地図
飯田河原合戦と上条河原合戦の絵地図
なぜ信虎か?ー武田信虎の戦いー
その1 信虎以前ー武田信虎の戦いー

ノートのタグ一覧

金沢城 神泉苑 平安京 祇園御霊会 祇園祭 法成橋 善女竜王社 歴史地図 石垣刻印 江戸城撮影ポイント 縄張図 足利義政 下総千葉氏 応仁の乱 山吹伝説 本佐倉城 谷中湖 東日本大震災 震災シミュレーション小説 長尾景春の乱 臨済寺 北川殿 安倍川餅 絵地図 さった峠 七沢城 小田原城 疾き雲のごとく 鎌倉街道上道 立河原の戦い EOS-6D 赤浜の渡し 飯田河原合戦 上条河原合戦 高見原合戦 杉山城 鎌倉歴史散歩 五十子陣 狩野城 柏久保城 大塚遺跡 環濠集落 上杉定正 上杉顕定 長享の乱 一眼レフカメラ SX280HS 歴史小説 世界史古代 淀古城 鳥羽・伏見の戦い 仁徳天皇陵 古墳 小西行長 鉄砲鍛冶 ナポレオン・ボナパルト 鎌倉 伊東玄朴 織田信長 軍師官兵衛 山崎の戦い 明治天皇 幕末 近藤勇 フィールドをゆく 天守台 カメラ 箕輪城 動画 ペリー来航 三浦道寸 歴史番組 淀殿 淀城 武田信虎 英雄たちの選択 関ヶ原の戦い 歴史アプリ 江戸城 伊東潤 第三台場 番所 二の丸御殿唐門 古地図 二の丸御殿 問注所 式台 遠侍 二条城二の丸御殿 黒書院 蘇鉄の間 大広間 本丸櫓門 二条城本丸 二条城本丸御殿 和宮 孝明天皇 荒木村重 千利休 サスケハナ号 桃山門 下田港 二条城本丸西枡形 二条城三重櫓跡 二条城天守台 福岡城 お堀 恵林寺 川田館跡 曽根勝山城 大井信達 信玄堤 聖牛 椿城 富田城 飯田河原の戦い 上条河原の戦い 躑躅ヶ崎館 積翠寺 要害山城 二条城二の丸東南隅櫓 二条城西南隅櫓 二条城西門 二条城外堀 天守再建 ペリー艦隊来航記念碑 武田勝頼 人物記事 第六台場 影武者 ニュース 下田城伝天守台 志太ケ浦展望台 下田城 宝福寺 ハリス ヒュースケン 玉泉寺 明石海峡大橋 姫路城中ノ門跡 姫路城大手門 姫路城内濠 姫路城の鯱 姫路城上山里下段石垣 野面積み 姫路城天守・西の丸 姫路城菱の門 姫路城天守 姫路城百間廊下 狭間 空撮 二条城 下田 北条早雲 石切り場 NHK大河 ロケ地 発掘調査 吉田松陰 資料 幕末維新 豊臣秀吉 大坂城 太田道灌 ペリー 鎌倉七口 細川幽斎 姫路城 小田原戦役 ライブカメラ 井伊直弼 向島城 淀川 復元 巨椋池 伏見城 伊達政宗 品川台場 伏見城の戦い 写真 前田利家 国会図書館 人物相関図 伏見 桜田門外の変 坂本龍馬 石田三成 福島正則 寺田屋 豊臣秀頼 長崎海軍伝習所 高杉晋作 大塩平八郎の乱 徳川家康 小山評定 前田利長 大谷吉継 石垣原の戦い 黒田官兵衛 大友義統 京極高次 上田城の戦い 上田城 地図 ライトアップ 芹沢鴨 山南敬助 浦賀 田辺城 観光パンフレット 鷺山城 斎藤道三 斎藤義龍 美濃 長崎 岐阜城 大河ドラマ 長州藩 花燃ゆ 円空 大垣城 土方歳三 司馬遼太郎 戦国 日比谷濠 新選組 西本願寺 親鸞 渋谷 熊本地震 熊本城 勝海舟 河村瑞賢

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル