項目カテゴリー: 全カテゴリー | 博物館・史料館 | | テレビ番組 | 人物 | 山野河川 | | 合戦 | 寺社 | 出来事 | その他

No obj photo

緒方洪庵

1810年 〜 1863年

人物 日本

No obj photo

堀田正睦

1810年 〜 1864年

人物 日本

【花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物の末路】花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物を8名を挙げてみました。

そのうち、1864、65年で斃れた人物は何と4名。
偶然にも、死因はみな違いました。

椋梨藤太は捕らえれて、処刑。
佐久間象山は暗殺。
宮部鼎蔵は池田屋事件で闘死。
周布政之助は藩政の軋轢で自害。

むろん、吉田松陰はこの時すでに亡くなっています。
凄まじい。

画像の出元は↓
http://rekius.com/timelines/98/age_diff?item_id=1062

佐久間象山

1811年 〜 1864年

人物 日本

No obj photo

鍋島直正

1814年 〜 1871年

人物 日本

【井伊家上屋敷から桜田門外の変が起きた地点を撮影。】井伊家上屋敷から桜田門外の変が起きた地点は、300mほどしか離れていない。

強権政治で幕政回復を狙った井伊直弼が倒されたことで幕府の権威は大幅に失墜した。

井伊直弼

1815年 〜 1860年

人物 日本

No obj photo

グナイスト

1816年 〜 1895年

人物 日本

No obj photo

永井尚志

1816年 〜 1891年

幕末期の幕臣。 幕府海軍の創設に尽力。 外国奉行・軍艦奉行・大目付・若年寄を歴任した。 戊辰戦争では、幕府方として箱館戦争に参加するも敗北。 その後、明治政府に出仕し、開拓使御用掛かり・元老院権大書記官などを務めた。

幕臣 人物 日本

No obj photo

島津久光

1817年 〜 1887年

人物 日本

No obj photo

大久保忠寛

1817年 〜 1888年

人物 日本

No obj photo

岩瀬忠震

1818年 〜 1861年

人物 日本

No obj photo

伊達宗城

1818年 〜 1892年

人物 日本

No obj photo

毛利敬親

1819年 〜 1871年

幕末の長州藩主。村田清風を登用し、藩政改革を行った。 幕末の混乱期には藩論が変転するも、藩主の地位を維持。薩摩と同盟し、倒幕に成功した。

幕末 長州藩 人物 日本

No obj photo

安藤正信

1819年 〜 1871年

人物 日本

No obj photo

阿部正弘

1819年 〜 1857年

福山藩主。25歳で老中となり、ペリー来航時に対応した。江川英龍、勝海舟など、広く優秀な人材を登用し、開国路線を進めた。

ペリー来航 人物 日本

【花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物の末路】花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物を8名を挙げてみました。

そのうち、1864、65年で斃れた人物は何と4名。
偶然にも、死因はみな違いました。

椋梨藤太は捕らえれて、処刑。
佐久間象山は暗殺。
宮部鼎蔵は池田屋事件で闘死。
周布政之助は藩政の軋轢で自害。

むろん、吉田松陰はこの時すでに亡くなっています。
凄まじい。

画像の出元は↓
http://rekius.com/timelines/98/age_diff?item_id=1062

宮部鼎蔵

1820年 〜 1864年

幕末の尊王攘夷派・熊本藩士。 吉田松陰と東北を巡ってのち、京都で尊王攘夷運動を推進。1863年の八月十八日の政変では、七卿らと京都を落ちた。翌年、京都の池田屋で謀議中、新選組らに襲撃されて自刃した(池田屋事件)。

吉田松陰 熊本藩 池田屋事件 人物 日本

No obj photo

勝海舟

1823年 〜 1899年

人物 日本

【花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物の末路】花燃ゆー第2回 「波乱の恋文」ーで出てきた人物を8名を挙げてみました。

そのうち、1864、65年で斃れた人物は何と4名。
偶然にも、死因はみな違いました。

椋梨藤太は捕らえれて、処刑。
佐久間象山は暗殺。
宮部鼎蔵は池田屋事件で闘死。
周布政之助は藩政の軋轢で自害。

むろん、吉田松陰はこの時すでに亡くなっています。
凄まじい。

画像の出元は↓
http://rekius.com/timelines/98/age_diff?item_id=1062

周布政之助

1823年 〜 1864年

幕末の長州藩士。 村田清風の系統を継ぐ改革派で藩政の重責を担った。保守派の椋梨藤太らと対立関係にあった。 松下村塾系ら尊王攘夷派藩士を登用したが、彼らが暴発し、禁門の変を起こした。周布は彼らの暴発を抑えることができず、また、第一次長州征伐で政治環境が悪化。1864年、萩で自害した。

幕末維新 長州藩 人物 日本

【大阪城】外曲輪の砲兵工廠化学分析場。<br><br>      大正8年(1919年)に建造された。<br><br>      大村益次郎の提言によって作られた大阪砲兵工廠は、東洋一と言われる軍需工場に成長した。<br>      しかし、昭和の敗戦でその歴史的役割を終え、現在まで放置されている模様。荒れたまま立入禁止になっている。

大村益次郎

1824年 〜 1869年

人物 日本

No obj photo

徳川家定

1824年 〜 1858年

人物 日本

No obj photo

岩倉具視

1825年 〜 1883年

人物 日本

No obj photo

ボアソナード

1825年 〜 1910年

人物 日本

No obj photo

クラーク

1826年 〜 1886年

人物 日本

No obj photo

小栗忠順

1827年 〜 1868年

人物 日本

No obj photo

河井継之助

1827年 〜 1868年

人物 日本

【壬生寺に隣接する八木邸】壬生寺に隣接する八木邸。新選組隊士らが駐屯した。芹沢鴨ら暗殺の舞台ともなった。

14代徳川家茂の上洛警護のため、清川八郎の提案により組織されたのが浪士隊で、近藤勇・土方歳三らも参加して、1863年に京都に入った。その時、近藤・土方らの屯所となったのがここ八木邸だった。

京都に着いた清河八郎はにわかに尊王攘夷派に転じたため、浪士隊は分裂。一部は会津藩に属し、芹沢鴨を局長とした新選組が組織された。

しかし、芹沢鴨は、近藤勇らによって八木邸で暗殺された。
以後、近藤勇が局長となり、新選組は京都の治安維持の一翼を担った。

芹沢鴨

1827年 〜 1863年

壬生浪士組(後の新選組)筆頭局長。壬生寺に隣接する八木邸で暗殺された。

人物 日本

No obj photo

松平慶永

1828年 〜 1890年

人物 日本

No obj photo

西郷隆盛

1828年 〜 1877年

人物 日本

No obj photo

パークス

1828年 〜 1885年

人物 日本

No obj photo

篠原泰之進

1828年 〜 1911年

人物 日本

No obj photo

小田村伊之助

1829年 〜 1912年

幕末の長州藩士。のちの楫取素彦。 藩医・松島瑞蟠の子だが、儒官の小田村家に養子に入った。 吉田松陰の妹、杉寿と結婚したが、先立たれ、その後、同じく松陰の妹、杉文(楫取美和子)と再婚した。 明治維新後、群馬県令となるなど、重職を歴任した。

吉田松陰 幕末維新 長州藩 花燃ゆ 人物 日本

No obj photo

武市瑞山

1829年 〜 1865年

幕末の土佐藩士。 1861年、土佐勤王党を結成し、土佐藩の下級武士を組織した。土佐の藩政を主導していた吉田東洋を暗殺し、藩論を尊皇攘夷に転換した。しかし、文久3年(1863年)8月18日の政変で、長州藩が京都から没落して、尊皇攘夷派の勢いが衰えると、土佐の藩論は公武合体に傾き、1865年、武…

土佐勤王党 土佐藩 人物 日本

【大久保利通】西南戦争終結の翌年、大久保利通は紀尾井坂で暗殺された。自分は彼の死をもって、幕末維新という時代が終わったと捉えている。 暗殺現場の近くに清水谷公園があり、そこに大久保さんの哀悼碑が建っている。

大久保利通

1830年 〜 1878年

人物 日本

【下田の吉田松陰像。】1854年、ペリーは日米和親条約締結のため、下田に来航した。

吉田松陰は金子重輔とともに小舟でペリー艦隊に近づき、許可を得て乗り込んだ。彼らは外国へ密航しようと企てたが、望みはかなわず、陸へ送り返された。

吉田松陰

1830年 〜 1859年

人物 日本

【二条城天守台から本丸御殿を撮影】<p>正面の建物が二条城の本丸御殿。</p>
<p>江戸時代の本丸御殿は、1788年の市中の大火で消失した。<br>現在の本丸御殿は、1893年から翌年に京都御苑今出川御門内の旧桂宮御殿を移築したもの。14代将軍、徳川家茂に嫁いだ皇女和宮が約1年8ヶ月間、居住した。また、孝明天皇の仮皇居として使用されたこともある。</p>
<p>なお、天守台でこの見晴らしなので、五層の天守閣上からはかなりの高さだったはず。</p>

孝明天皇

1831年 〜 1866年

人物 日本

No obj photo

寺島宗則

1832年 〜 1893年

人物 日本

No obj photo

松方正義

1834年 〜 1924年

人物 日本

No obj photo

岩崎弥太郎

1834年 〜 1885年

人物 日本

No obj photo

江藤新平

1834年 〜 1874年

人物 日本

No obj photo

ロエスレル

1834年 〜 1894年

人物 日本

【安政の大獄】伝馬町牢屋敷跡。<br>江戸城の北東に位置し、現在の十思公園(東京都中央区小伝馬町)周辺にあった。<br><br>幕末の安政の大獄では、吉田松陰、橋本左内らが入牢した。

橋本左内

1834年 〜 1859年

人物 日本

No obj photo

前原一誠

1834年 〜 1876年

幕末の長州藩士。 1857年、松下村塾に入塾。幕末の志士として活躍した。 明治維新後、参議、兵部大輔などの要職を務めたが、下野して、萩に帰郷した。 1876年、萩の乱を起こすも鎮圧され、刑死した。

松下村塾 長州藩 人物 日本

No obj photo

福沢諭吉

1834年 〜 1901年

人物 日本

【板橋の近藤勇の墓】鳥羽・伏見の戦いで敗れ、近藤勇ら新選組は江戸に戻った。その後、近藤は甲陽鎮撫隊を組織して甲府占領を目論んだが、新政府軍に敗れた。

下総流山で新政府軍に包囲されて捕縛。板橋まで連行されて、板橋刑場で処刑された。

近藤勇・土方歳三らこの墓は、新選組幹部の永倉新八が発起人となり、整備したものとのこと。

近藤勇

1834年 〜 1868年

人物 日本

No obj photo

五代友厚

1835年 〜 1885年

人物 日本

No obj photo

三島通庸

1835年 〜 1888年

人物 日本

No obj photo

西太后

1835年 〜 1908年

坂本龍馬と生年は同じ。

人物 日本

No obj photo

松平容保

1835年 〜 1893年

人物 日本

No obj photo

井上馨

1835年 〜 1915年

人物 日本

【寺田屋にある坂本龍馬のことば】坂本龍馬のことば in 寺田屋

「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」

坂本龍馬

1835年 〜 1867年

人物 日本

【府中高札場】江戸時代、甲州街道と府中街道の交差点に府中高札場があった。この辺りが府中宿の中心地だったらしい。

大國魂神社のくらやみ祭は、土方歳三が主人公の『燃えよ剣』(司馬遼太郎)で登場する。
ここから少し南に行くと多摩川。多摩川は大河で、強力な防御線になり得るので、中世に2度大きな戦いがあった。

土方歳三

1835年 〜 1869年

人物 日本

No obj photo

前島密

1835年 〜 1919年

人物 日本

No obj photo

天璋院(篤姫)

1836年 〜 1883年

人物 日本

No obj photo

榎本武揚

1836年 〜 1908年

人物 日本

No obj photo

谷干城

1837年 〜 1911年

人物 日本

No obj photo

板垣退助

1837年 〜 1919年

人物 日本

No obj photo

徳川慶喜

1837年 〜 1913年

江戸幕府15代将軍。最後の将軍となった。

人物 日本

No obj photo

入江九一

1837年 〜 1864年

幕末の長州藩士。松下村塾出身。 1864年の禁門の変で敗れて、自刃した。

禁門の変 松下村塾 長州藩 人物 日本

No obj photo

児島惟謙

1837年 〜 1908年

人物 日本

No obj photo

三条実美

1837年 〜 1891年

人物 日本

No obj photo

山県有朋

1838年 〜 1922年

人物 日本

No obj photo

後藤象二郎

1838年 〜 1897年

人物 日本

No obj photo

中岡慎太郎

1838年 〜 1867年

人物 日本

No obj photo

大隈重信

1838年 〜 1922年

人物 日本

No obj photo

グラバー

1838年 〜 1911年

人物 日本

【歩きに歩いた男、吉田松陰〜花燃ゆ 第2回「波乱の恋文」〜】吉田松陰は幕末の長州藩士で、尊王攘夷派思想を唱え、また、長州藩・萩の松下村塾で、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文などを育てた人物として知られています。

しかし、松陰の足跡を見ていくと、彼が机上の学者ではなく、「旅する学者」であることが分かるでしょう。
彼は山鹿流の兵学者であったので、その目で日本諸国を見て廻り、海防の状況の調べたのでした。そして、名のある人物を尋ね、常に自分の考えを磨き続けたのでした。

そういう求道者的な態度に加えて、元来の聡明さと孟子的な熱意でもって、歳月を過ごしたものですから、年々、彼の知見は深まり、凄みを増していったのではないでしょうか。それが多感な若者たちを吸引して、松下村塾に集わせたのかなと思います。

さて、松陰は1850年の九州遊学を皮切りに、下田密航(1854年)で捕らえれるまで、日本諸国を歩きに歩きました。
1851年に江戸遊学、そして、同年、脱藩して、東北視察へ。翌年、江戸に戻ってきました。
長州藩は彼を萩への送還しました。

ここが第2回までの内容です。

松陰はわずか3年の間に、九州、江戸、東北を歩きに歩いたのでした。
しかも徒歩で。

花燃ゆでは、このあたりのプロセスがサクッと縮められていました。
もっとガッツリ知らたい方は司馬遼太郎『世に棲む日日』をご覧になるといいと思います。

高杉晋作

1839年 〜 1867年

人物 日本

No obj photo

渋沢栄一

1840年 〜 1931年

人物 日本

No obj photo

黒田清隆

1840年 〜 1900年

人物 日本

【歩きに歩いた男、吉田松陰〜花燃ゆ 第2回「波乱の恋文」〜】吉田松陰は幕末の長州藩士で、尊王攘夷派思想を唱え、また、長州藩・萩の松下村塾で、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文などを育てた人物として知られています。

しかし、松陰の足跡を見ていくと、彼が机上の学者ではなく、「旅する学者」であることが分かるでしょう。
彼は山鹿流の兵学者であったので、その目で日本諸国を見て廻り、海防の状況の調べたのでした。そして、名のある人物を尋ね、常に自分の考えを磨き続けたのでした。

そういう求道者的な態度に加えて、元来の聡明さと孟子的な熱意でもって、歳月を過ごしたものですから、年々、彼の知見は深まり、凄みを増していったのではないでしょうか。それが多感な若者たちを吸引して、松下村塾に集わせたのかなと思います。

さて、松陰は1850年の九州遊学を皮切りに、下田密航(1854年)で捕らえれるまで、日本諸国を歩きに歩きました。
1851年に江戸遊学、そして、同年、脱藩して、東北視察へ。翌年、江戸に戻ってきました。
長州藩は彼を萩への送還しました。

ここが第2回までの内容です。

松陰はわずか3年の間に、九州、江戸、東北を歩きに歩いたのでした。
しかも徒歩で。

花燃ゆでは、このあたりのプロセスがサクッと縮められていました。
もっとガッツリ知らたい方は司馬遼太郎『世に棲む日日』をご覧になるといいと思います。

久坂玄瑞

1840年 〜 1864年

吉田松陰の松下村塾で学び、高杉晋作と共に「双璧」とうたわれた人物。 松蔭亡きあと、長州藩の尊皇攘夷を推進するが、禁門の変(1864年)で自刃した。 2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公、杉文の夫でもある。

禁門の変 松下村塾 人物 日本

No obj photo

吉田稔麿

1841年 〜 1864年

松下村塾四天王の一人。 奇兵隊に参加。被差別部落民の登用を長州藩に進言して、屠勇隊(とゆうたい)の創設した。 1864年、池田屋事件で落命した。

池田屋事件 松下村塾 長州藩 人物 日本

【歩きに歩いた男、吉田松陰〜花燃ゆ 第2回「波乱の恋文」〜】吉田松陰は幕末の長州藩士で、尊王攘夷派思想を唱え、また、長州藩・萩の松下村塾で、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文などを育てた人物として知られています。

しかし、松陰の足跡を見ていくと、彼が机上の学者ではなく、「旅する学者」であることが分かるでしょう。
彼は山鹿流の兵学者であったので、その目で日本諸国を見て廻り、海防の状況の調べたのでした。そして、名のある人物を尋ね、常に自分の考えを磨き続けたのでした。

そういう求道者的な態度に加えて、元来の聡明さと孟子的な熱意でもって、歳月を過ごしたものですから、年々、彼の知見は深まり、凄みを増していったのではないでしょうか。それが多感な若者たちを吸引して、松下村塾に集わせたのかなと思います。

さて、松陰は1850年の九州遊学を皮切りに、下田密航(1854年)で捕らえれるまで、日本諸国を歩きに歩きました。
1851年に江戸遊学、そして、同年、脱藩して、東北視察へ。翌年、江戸に戻ってきました。
長州藩は彼を萩への送還しました。

ここが第2回までの内容です。

松陰はわずか3年の間に、九州、江戸、東北を歩きに歩いたのでした。
しかも徒歩で。

花燃ゆでは、このあたりのプロセスがサクッと縮められていました。
もっとガッツリ知らたい方は司馬遼太郎『世に棲む日日』をご覧になるといいと思います。

伊藤博文

1841年 〜 1909年

人物 日本

No obj photo

福地源一郎

1841年 〜 1906年

人物 日本

No obj photo

田中正造

1841年 〜 1913年

人物 日本

No obj photo

沖田総司

1842年 〜 1868年

人物 日本

No obj photo

大山巌

1842年 〜 1916年

人物 日本

No obj photo

大井憲太郎

1843年 〜 1922年

人物 日本

No obj photo

新島襄

1843年 〜 1890年

人物 日本

No obj photo

尚泰

1843年 〜 1901年

人物 日本

No obj photo

西郷従道

1843年 〜 1902年

人物 日本

No obj photo

片岡健吉

1843年 〜 1903年

人物 日本

No obj photo

井上毅

1843年 〜 1895年

人物 日本

No obj photo

品川弥二郎

1843年 〜 1900年

人物 日本

No obj photo

杉文

1843年 〜 1921年

吉田松陰の妹、久坂玄瑞の妻。 のちに、群馬県令の楫取素彦(かとりもとひこ)と再婚し、楫取美和子と名乗った。 2015年のNHK大河ドラマの主人公。

人物 日本

No obj photo

山田顕義

1844年 〜 1892年

幕末の長州藩士。松下村塾出身。 明治維新後、佐賀の乱・西南戦争の鎮圧に貢献した。 法典編纂事業に尽力。司法卿・法相などの要職も歴任した。

松下村塾 長州藩 人物 日本

No obj photo

陸奥宗光

1844年 〜 1897年

人物 日本

No obj photo

青木周蔵

1844年 〜 1914年

人物 日本

No obj photo

新島八重

1845年 〜 1932年

人物 日本

【二条城天守台から本丸御殿を撮影】<p>正面の建物が二条城の本丸御殿。</p>
<p>江戸時代の本丸御殿は、1788年の市中の大火で消失した。<br>現在の本丸御殿は、1893年から翌年に京都御苑今出川御門内の旧桂宮御殿を移築したもの。14代将軍、徳川家茂に嫁いだ皇女和宮が約1年8ヶ月間、居住した。また、孝明天皇の仮皇居として使用されたこともある。</p>
<p>なお、天守台でこの見晴らしなので、五層の天守閣上からはかなりの高さだったはず。</p>

和宮

1846年 〜 1877年

人物 日本

No obj photo

桂太郎

1847年 〜 1913年

人物 日本

No obj photo

森有礼

1847年 〜 1889年

人物 日本

No obj photo

中江兆民

1847年 〜 1901年

人物 日本

【田辺城】五老岳から舞鶴港を撮影。近代以来、舞鶴港は軍港として有名。現在、イージス艦も停泊している。この日もイージス護衛艦の「あたご」を見た。<br><br>NHKの『坂の上の雲』でも、舞鶴湾の釣り船の上という設定で、山本権兵衛が閑職にあった東郷平八郎に連合艦隊司令長官を依頼するシーンがあった。<br><br>関ヶ原の田辺城攻防戦の時も、西軍1万5千の補給のために、舞鶴港が使われたというのありそうな話。

東郷平八郎

1848年 〜 1934年

人物 日本

No obj photo

西園寺公望

1849年 〜 1940年

人物 日本

No obj photo

ベルツ

1849年 〜 1913年

人物 日本

No obj photo

河野広中

1849年 〜 1923年

人物 日本

No obj photo

乃木稀典

1849年 〜 1912年

人物 日本

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル