Thumb @fuji3zpg

山崎の戦いゆかりの地

山崎の戦い 豊臣秀吉 京都 明智光秀

投稿日: 2014/07/09

はじめに:

本能寺の変(天正10年(1582年)6月2日)のあと、羽柴秀吉は中国地方で毛利と和睦し、迅速に京に戻ってきた(中国大返し)。秀吉は天王山の宝積寺に本陣を置いた。

6月13日、秀吉勢は小泉川を挟んで明智光秀勢と戦い、勝利した(山崎の戦い)。

次は、勝龍寺城に行きたいですな。

作成日:2013/2/13 , 地図あり Header fuji3zpg 開く

山崎の戦いゆかりの地

<p>【山崎城】山崎駅から天王山(山崎城)を遠望。</p>

作成日:2013/2/12 , 地図あり Header fuji3zpg 開く

山崎の戦いゆかりの地

<p>【山崎城】麓にある宝積寺三重塔。山崎の戦いの際には、羽柴秀吉が宝積寺に本陣を置いた。</p>

作成日:2013/2/12 Header fuji3zpg 開く

山崎の戦いゆかりの地 淀川の城

【山崎城】中腹の展望台。解説版が置いてあり、よく分かった。写真中央の右に伸びる道路が京滋バイパスで、その左線上に小泉川がある。この川で両軍が激突した(手前が羽柴秀吉軍、奥が明智光秀軍)。<br><br>なお、天王山から東に約3.5kmに淀城が、北東約3kmの勝竜寺城(光秀本陣)があった。

作成日:2013/2/13 Header fuji3zpg 開く

山崎の戦いゆかりの地

【山崎城】中腹の展望台から南東を遠望。中央の山が男山で、山頂に石清水八幡宮がある。さらに2kmほど南東に行くと、筒井順慶の逸話で有名な洞ヶ峠がある。写真の右側奥。

淀城北側から天王山(山崎)方面を撮影

作成日:2014/7/8 , 地図あり・方位あり・方位あり Header fuji3zpg 開く

山崎の戦い 淀城 山崎の戦いゆかりの地 淀川の城 京都府 京都市

【淀城北側から天王山(山崎)方面を撮影】<p>淀城北側の宮前橋から天王山方面を撮影。淀川の位置関係から中央の山のどちらかが天王山と思われる。<br>本能寺の変(1582年)の後、羽柴秀吉が中国大返しで京に戻ってきて、明智光秀と戦ったのが山崎の戦い。</p>
<p>秀吉の本陣は天王山の宝積寺に本陣を置いたので、当時、ここから眺めていれば、天王山の山麓の戦いが見えていたかもしれない。</p>

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル