項目カテゴリー: 全カテゴリー | 博物館・史料館 | | テレビ番組 | 人物 | 山野河川 | | 合戦 | 寺社 | 出来事 | その他

韮山城の本丸から守山をのぞむ。<br>    守山は写真中央奥の濃い緑の丘陵。守山の背後(西)には狩野川が北流し、手前(東)には下田街道が通っている。<br><br>    この付近は、平安末期、鎌倉北条氏の地盤であり、北条時政が開基の願成就院が盛衰を重ねながら、現在も建っている。守山の前、韮山城寄りに、小規模な林があるが、ここが源頼朝が流された蛭ヶ小島といわれている。頼朝は、北条時政の娘、北条政子を妻とし、北条勢を味方につけた。1180年、以仁王の令旨に呼応して挙兵し、韮山城の東側の山木判官邸を襲って、勝利した。つまり、韮山は、中世の武家政権、鎌倉幕府成立の揺籃の地なのである。<br><br>    室町時代の1493年、北条早雲(伊勢宗瑞)が伊豆討ち入ったが、堀越公方の足利茶々丸がいた堀越御所が守山の麓の願成就院にあった。もし約500年前のその時にここから眺めていたら、早雲の軍勢が守山の堀越御所を襲ったのが見えたかもしれない。<br>    かつては、この時が戦国の始まりとされていた。<br><br>    早雲が茶々丸を堀越御所から逐った後、韮山城を本拠地とした。後北条氏の本拠地が小田原に移ったのは、後北条氏2代の北条氏綱からで、早雲は生涯、韮山城が居城だった。ということは、早雲はかつてこの辺を日常的に歩き、ここから同じように韮山の地を眺めていたかもしれない。早雲亡き後も、韮山城は北条氏の伊豆支配の中心地として機能した。<br><br>    早雲の伊豆討ち入りから約100年後の天正18年(1590年)、豊臣秀吉による関東侵攻がはじまった。韮山城では、豊臣秀吉の4万4千余の大軍を相手に、後北条氏4代北条氏政の弟、北条氏規が3600の兵で3ヶ月間持ちこたえたという。しかし、北条方の有力な支城郡が落城し、後北条氏にとって絶望的な状況となったため、説得に応じて開城した。<br>    その豊臣政権も、秀吉の死後、関ヶ原の戦いと大阪の陣を経て、滅亡し、日本は徳川幕府による近世を迎える。<br><br>    このように、韮山は、東海道から奥まった土地であるにも関わらず、中世という時代の大舞台となった不思議な土地なのである。

北条氏規

1545年 〜 1600年

人物 日本

黒田官兵衛

1546年 〜 1604年

人物 日本

No obj photo

最上義光

1546年 〜 1614年

最上義光(よしあき)は山形城を拠点に勢力を広げ、伊達政宗らと争った。 関ヶ原の戦いでは、最上義光は東軍に属して伊達政宗と共に、上杉景勝勢と戦った。その功績を認められ、山形57万石を与えられた。

関ヶ原の戦い 人物 日本

【沼津の三枚橋城外濠石垣】武田勝頼が築いたという沼津の三枚橋城外濠石垣。三枚橋城は狩野川下流にあった。江戸時代に三枚橋城を利用して築いたという沼津城よりも大規模だったという。

武田勝頼

1546年 〜 1582年

武田信玄の次男。信玄没後、武田勝頼は武田家の家督を継いだ。信玄死去から2年後(1575年)、長篠の戦いで織田信長に敗れて、衰勢に向かった。天正10年(1582年)、信長に攻められて、勝頼は自刃し、武田家は滅亡した。

人物 日本

今井屋敷跡。<br><br>今井宗薫が織田有楽斎から譲り受けたとのこと。<br>今井宗薫は、堺の商人・茶人の今井宗久の子。

織田有楽斎

1547年 〜 1621年

人物 日本

No obj photo

浅野長政

1547年 〜 1611年

織田信長、豊臣秀吉に仕えた。豊臣政権では、五奉行の筆頭となる。 関ヶ原の戦いでは、徳川家康に味方した。

五奉行 人物 日本

No obj photo

真田昌幸

1547年 〜 1611年

人物 日本

No obj photo

お市

1547年 〜 1583年

人物 日本

No obj photo

本多忠勝

1548年 〜 1610年

徳川四天王の一人。 徳川家康に仕え、長篠の戦い、小牧・長久手の戦い、関ヶ原の戦いなどで戦功を立てた。伊勢桑名10万石を与えられた。

関ヶ原の戦い 徳川四天王 人物 日本

No obj photo

北政所

1548年 〜 1624年

豊臣秀吉の正室。

人物 日本

No obj photo

斎藤竜興

1548年 〜 1573年

人物 日本

No obj photo

松浦鎮信

1549年 〜 1614年

人物 日本

No obj photo

高山右近

1552年 〜 1615年

人物 日本

No obj photo

誠仁親王

1552年 〜 1586年

父は正親町天皇、子は後陽成天皇。織田信長と親密だった。

人物 日本

今井屋敷跡。<br><br>今井宗薫が織田有楽斎から譲り受けたとのこと。<br>今井宗薫は、堺の商人・茶人の今井宗久の子。

今井宗薫

1552年 〜 1627年

堺の商人・茶人の今井宗久の子。

人物 日本

【【動画】花燃ゆ「第1回人むすぶ妹」ー毛利家小史と萩の地勢ー】2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」を見るにあたって、知っておきたいことをまとめました。

1.毛利家の小史
戦国時代、毛利家を中国地方の覇者に押し上げた毛利元就とそれを受け継いだ毛利輝元。毛利家は豊臣秀吉の傘下に入ることで中国地方の雄としてその勢力を維持しました。

しかし、関ヶ原の戦いの時、毛利輝元は西軍の名目上の総大将となり、西軍敗北を受けて、領土を1/3に減らされ、周防・長門(山口県)に逼塞を余儀なくされました。

2.萩の地勢
萩は山口県の日本海側にある盆地で、長州藩の首都でした。
萩は、東を松本川、西を橋本川が流れ、それらの川に囲まれた都市です。萩と山陽道に面する三田尻は、萩往還で結ばれています。

長州藩主は北西の萩城にあり、萩城を守る形で重臣屋敷が囲っています。高杉晋作の高杉家は身分の高い家だったので、重臣屋敷のすぐ東側に屋敷がありました。

杉家は高杉家と比べると、身分・家禄が低く(杉家の家禄は26石、高杉家は200石)、松本川のさらに東側に屋敷があり、吉田松陰が小さい頃は貧しい暮らしをしていました。

大体、この辺りを頭に入れておくと、より大河を楽しめると思います。

毛利輝元

1553年 〜 1625年

人物 日本

No obj photo

角倉了以

1554年 〜 1614年

人物 日本

【人物相関図:関ヶ原の戦い−石田三成挙兵 1600年−】慶長4年(1599年)、前田利家死去を受けて、利家の子・前田利長が前田家の家督を相続した。

9月、徳川家康暗殺未遂事件が発生した。徳川家康は、前田利長らが家康を暗殺しようとした罪で、利長討伐の軍を招集した。
結局、(本当に利長が家康を暗殺しようとしたのかは不明だが)利長は家康に謝罪し、母(前田利家の妻)を人質として、家康に差し出した。これにより、五大老の一人で北陸の雄・前田家が家康の傘下に入った。

慶長5年(1600年)4月、徳川家康は、会津の上杉景勝に謀反の疑いをかけた。景勝は、2年前に越後から会津120万石に国替えされたため、新領地の富国強兵のために勤しんでいた。
5月3日、上杉景勝の重臣、直江兼続から上洛拒否の書状が家康に届く(直江状)。
これを受けて、徳川家康は上杉景勝討伐の準備に入った。6月16日、家康は大坂城を出陣した(江戸城には7月2日に到着)。

石田三成は家康が機内を留守にしたことを受けて、動きを活発化させた。
光成は安国寺恵瓊・増田長盛らと計り、毛利輝元を大坂城に入城させることに成功(7月16日)。輝元を西軍の総大将とした。
7月17日、石田三成、挙兵(「内府ちがいの条々」を諸大名に送り、家康(内府)を弾劾。事実上の宣戦布告となった)

上杉景勝

1556年 〜 1623年

人物 日本

No obj photo

藤堂高虎

1556年 〜 1630年

浅井長政、丹羽長秀、豊臣秀吉らに仕えた。 関ヶ原の戦い・大坂の陣では、徳川家康の東軍に味方し、伊勢津藩の初代藩主となる。 築城の名手としての名が高く、宇和島城・今治城・伊賀上野城などを築城した。

宇和島城 今治城 伊賀上野城 人物 日本

No obj photo

織田信忠

1557年 〜 1582年

織田信長の嫡男。

人物 日本

No obj photo

織田信雄

1558年 〜 1630年

人物 日本

No obj photo

本阿弥光悦

1558年 〜 1637年

人物 日本

【大垣城天守】大垣城は、関ヶ原の戦いの直前まで石田三成が入り、美濃の西軍拠点として利用された。
ここに石田三成、島左近、小西行長、宇喜多秀家、島津義弘らがいたわけで、毎度ながら、何となく不思議な気分になるのでした。

現在、天守内部は資料館になっている。
最上階が室内展望台になっていて、四方を見渡せる。

小西行長

1558年 〜 1600年

人物 日本

No obj photo

大谷吉継

1559年 〜 1600年

人物 日本

No obj photo

松平信康

1559年 〜 1579年

徳川家康の長男。 織田信長の娘、徳姫を娶った。 1579年、織田信長に武田家と内通したと疑われて、二俣城で自害させられた。

徳川家康 人物 日本

No obj photo

狩野山楽

1559年 〜 1635年

人物 日本

【大垣城天守】大垣城は、関ヶ原の戦いの直前まで石田三成が入り、美濃の西軍拠点として利用された。
ここに石田三成、島左近、小西行長、宇喜多秀家、島津義弘らがいたわけで、毎度ながら、何となく不思議な気分になるのでした。

現在、天守内部は資料館になっている。
最上階が室内展望台になっていて、四方を見渡せる。

石田三成

1560年 〜 1600年

人物 日本

【人物相関図:関ヶ原の戦い−石田三成挙兵 1600年−】慶長4年(1599年)、前田利家死去を受けて、利家の子・前田利長が前田家の家督を相続した。

9月、徳川家康暗殺未遂事件が発生した。徳川家康は、前田利長らが家康を暗殺しようとした罪で、利長討伐の軍を招集した。
結局、(本当に利長が家康を暗殺しようとしたのかは不明だが)利長は家康に謝罪し、母(前田利家の妻)を人質として、家康に差し出した。これにより、五大老の一人で北陸の雄・前田家が家康の傘下に入った。

慶長5年(1600年)4月、徳川家康は、会津の上杉景勝に謀反の疑いをかけた。景勝は、2年前に越後から会津120万石に国替えされたため、新領地の富国強兵のために勤しんでいた。
5月3日、上杉景勝の重臣、直江兼続から上洛拒否の書状が家康に届く(直江状)。
これを受けて、徳川家康は上杉景勝討伐の準備に入った。6月16日、家康は大坂城を出陣した(江戸城には7月2日に到着)。

石田三成は家康が機内を留守にしたことを受けて、動きを活発化させた。
光成は安国寺恵瓊・増田長盛らと計り、毛利輝元を大坂城に入城させることに成功(7月16日)。輝元を西軍の総大将とした。
7月17日、石田三成、挙兵(「内府ちがいの条々」を諸大名に送り、家康(内府)を弾劾。事実上の宣戦布告となった)

直江兼続

1560年 〜 1619年

人物 日本

No obj photo

吉川広家

1561年 〜 1625年

人物 日本

No obj photo

藤原惺窩

1561年 〜 1619年

人物 日本

No obj photo

井伊直政

1561年 〜 1602年

徳川家康の重臣で、徳川四天王の一人。 井伊直政が武具を朱色で統一した部隊は「井伊の赤備え」と呼ばれ、精強を誇った。 徳川家康の関東入国時に上野の箕輪城12万石を与えられ、関ヶ原の戦いの功で近江の佐和山18万石を与えられた。

箕輪城 井伊の赤備え 徳川四天王 佐和山城 人物 日本

【織田信長の嫡孫・織田秀信と岐阜城】写真は岐阜城。

関ヶ原の時、岐阜城の主は織田秀信だった。彼は西軍に加担し、福島正則ら、豊臣秀吉の子飼いの武将たちに攻められて降伏した。

彼が織田信長の孫(信忠の嫡男)とはじめて知った時は驚いた。
というのは、この秀信の幼名が三法師といい、本能寺の変後の清須会議で、羽柴秀吉に担がれた子なのである。

こういう誰かに担がれると厄介な子供は殺害されるか、行方不明になるのが歴史的に多いのだが、それがなんと豊臣政権の中で生き残り、岐阜城主を務めていたというのだからレアな話。

しかし、豊臣秀吉は晩年、豊臣秀頼可愛さに近親者を酷く粛清したが、三法師には手を出さなかったのは何とも感慨深い。
そして、彼を織田家にとって、ゆかりの深い岐阜城主にしていたとは。

福島正則

1561年 〜 1624年

人物 日本

No obj photo

北条氏直

1562年 〜 1591年

人物 日本

No obj photo

加藤清正

1562年 〜 1611年

人物 日本

【関ヶ原の戦いと江戸城】江戸城本丸から同じく本丸の天守台を撮影。

関ヶ原の戦いの折り、石田三成挙兵を聞いた徳川家康は小山城から引き返し、江戸城に入った(慶長5年(1600年)8月5日)。
ここで味方を増やすため、現在確認されているだけで122通に及ぶ書状を書きまくった。特に、上方に戻った豊臣恩顧の大名(福島正則、池田輝政、黒田長政ら)が多かった。

池田輝政

1564年 〜 1613年

織田信長、豊臣秀吉に仕えた。関ヶ原の戦いでは、徳川家康の東軍につき、播磨52万石を与えられた。

関ヶ原の戦い 姫路城 人物 日本

No obj photo

真田信之

1566年 〜 1658年

真田昌幸の長男。

人物 日本

No obj photo

真田信繁

1567年 〜 1615年

人物 日本

日比谷公園の「伊達政宗終焉の地」の案内板。

唐突に見つけました。
彼の長きに渡る生涯もここで終わったのかと。

伊達政宗

1567年 〜 1636年

人物 日本

No obj photo

有馬晴信

1567年 〜 1612年

人物 日本

【関ヶ原の戦いと江戸城】江戸城本丸から同じく本丸の天守台を撮影。

関ヶ原の戦いの折り、石田三成挙兵を聞いた徳川家康は小山城から引き返し、江戸城に入った(慶長5年(1600年)8月5日)。
ここで味方を増やすため、現在確認されているだけで122通に及ぶ書状を書きまくった。特に、上方に戻った豊臣恩顧の大名(福島正則、池田輝政、黒田長政ら)が多かった。

黒田長政

1568年 〜 1623年

黒田孝高(如水)の子。

人物 日本

No obj photo

豊臣秀次

1568年 〜 1595年

人物 日本

【大坂城山里丸の淀君並殉死者三十二名忠霊塔】大坂の陣で自刃した淀殿と豊臣秀頼。
大坂城山里丸にひっそりと祀られている(淀君並殉死者三十二名忠霊塔)。

淀殿

1569年 〜 1615年

人物 日本

No obj photo

金地院崇伝

1569年 〜 1633年

人物 日本

No obj photo

常高院(初)

1570年 〜 1633年

人物 日本

No obj photo

末吉孫左衛門

1570年 〜 1617年

人物 日本

No obj photo

松永貞徳

1571年 〜 1653年

人物 日本

No obj photo

支倉常長

1571年 〜 1622年

人物 日本

No obj photo

柳生宗矩

1571年 〜 1646年

人物 日本

【大垣城天守】大垣城は、関ヶ原の戦いの直前まで石田三成が入り、美濃の西軍拠点として利用された。
ここに石田三成、島左近、小西行長、宇喜多秀家、島津義弘らがいたわけで、毎度ながら、何となく不思議な気分になるのでした。

現在、天守内部は資料館になっている。
最上階が室内展望台になっていて、四方を見渡せる。

宇喜多秀家

1572年 〜 1655年

人物 日本

大徳寺の総門。<br><br>大徳寺は臨済宗大徳寺派の大本山で、京都の紫野にある。<br>大徳寺に在籍した僧として、一休宗純や沢庵が有名。また、大仙院庭園は、東山文化を代表する枯山水の庭園として知られている。<br><br>北条早雲も、幕府に出仕していた時代に、大徳寺で住持の春浦宗熙に禅を学んでいた。早雲の法名、「宗瑞」は、大徳寺系のものだと言われている。なお、早雲の出家は、伊豆討ち入りのころと言われており、それ以降は、早雲庵宗瑞を名乗った(それ以前は、伊勢新九郎を名乗っていた)。

沢庵

1573年 〜 1645年

紫衣事件で出羽上山に配流される。

人物 日本

No obj photo

崇源院(江)

1573年 〜 1626年

浅井長政の三女。母は織田信長の妹、市。2代将軍、徳川秀忠の正室。2011年NHK大河ドラマの主人公。演じるのは上野樹里。

人物 日本

No obj photo

島津家久

1574年 〜 1638年

人物 日本

No obj photo

徳川秀忠

1579年 〜 1632年

人物 日本

No obj photo

林羅山(林道春)

1583年 〜 1657年

人物 日本

No obj photo

宮本武蔵

1584年 〜 1645年

人物 日本

【織田信長の嫡孫・織田秀信と岐阜城】写真は岐阜城。

関ヶ原の時、岐阜城の主は織田秀信だった。彼は西軍に加担し、福島正則ら、豊臣秀吉の子飼いの武将たちに攻められて降伏した。

彼が織田信長の孫(信忠の嫡男)とはじめて知った時は驚いた。
というのは、この秀信の幼名が三法師といい、本能寺の変後の清須会議で、羽柴秀吉に担がれた子なのである。

こういう誰かに担がれると厄介な子供は殺害されるか、行方不明になるのが歴史的に多いのだが、それがなんと豊臣政権の中で生き残り、岐阜城主を務めていたというのだからレアな話。

しかし、豊臣秀吉は晩年、豊臣秀頼可愛さに近親者を酷く粛清したが、三法師には手を出さなかったのは何とも感慨深い。
そして、彼を織田家にとって、ゆかりの深い岐阜城主にしていたとは。

豊臣秀頼

1593年 〜 1615年

人物 日本

【二条城の本丸櫓門】<p>門の上部に窓がなく、何となく間が抜けている感のある二条城の本丸櫓門。</p>
<p>1626年の後水尾天皇行幸の際に、二の丸御殿と本丸御殿は廊下橋で連結された。そして、将軍上洛がなくなって久しい1687年に廊下橋は取り壊されたとのこと。そのため、本来はあるべき本丸櫓門の窓がない。</p>

後水尾天皇

1596年 〜 1680年

後陽成天皇の第3王子。

人物 日本

No obj photo

酒井田柿右衛門

1596年 〜 1666年

人物 日本

No obj photo

谷時中

1598年 〜 1649年

人物 日本

No obj photo

住吉如慶

1599年 〜 1670年

人物 日本

No obj photo

朱舜水

1600年 〜 1682年

人物 日本

No obj photo

狩野探幽

1602年 〜 1674年

人物 日本

【二条城外堀北側の徳川家康時代の石垣】<p>二条城外堀北側の屈曲部にある徳川家康時代(元和期)の石垣。分かりにくいが、右側は徳川家光時代(寛永期)の石垣。</p>
<p>家康時代の石垣は家光時代の石垣よりも不揃いなのが明快なので、それを撮りたかったが、残念ながら、いい撮影ポイントを見つけられなかった。</p>

徳川家光

1604年 〜 1651年

人物 日本

No obj photo

西山宗因

1605年 〜 1682年

人物 日本

No obj photo

柳生十兵衛三厳

1607年 〜 1650年

人物 日本

No obj photo

中江藤樹

1608年 〜 1648年

人物 日本

No obj photo

池田光政

1609年 〜 1682年

人物 日本

No obj photo

保科正之

1611年 〜 1672年

人物 日本

No obj photo

野中兼山

1615年 〜 1663年

人物 日本

No obj photo

土佐光起

1617年 〜 1691年

人物 日本

No obj photo

菱川師宣

1618年 〜 1694年

人物 日本

No obj photo

山崎闇斎

1618年 〜 1682年

人物 日本

No obj photo

河村瑞賢

1618年 〜 1699年

人物 日本

No obj photo

熊沢蕃山

1619年 〜 1691年

人物 日本

No obj photo

木下順庵

1621年 〜 1698年

人物 日本

No obj photo

山鹿素行

1622年 〜 1685年

人物 日本

No obj photo

宮崎安貞

1623年 〜 1697年

人物 日本

No obj photo

明正天皇

1623年 〜 1696年

人物 日本

No obj photo

北村季吟

1624年 〜 1705年

人物 日本

No obj photo

伊藤仁斎

1627年 〜 1705年

人物 日本

No obj photo

徳川光圀

1628年 〜 1700年

人物 日本

No obj photo

戸田茂睡

1629年 〜 1706年

人物 日本

No obj photo

貝原益軒

1630年 〜 1714年

人物 日本

No obj photo

住吉具慶

1631年 〜 1705年

人物 日本

No obj photo

円空

1632年 〜 1695年

人物 日本

No obj photo

堀田正俊

1634年 〜 1684年

人物 日本

No obj photo

関孝和

1640年 〜 1708年

人物 日本

No obj photo

契沖

1640年 〜 1701年

人物 日本

No obj photo

徳川家綱

1641年 〜 1680年

人物 日本

No obj photo

井原西鶴

1642年 〜 1693年

人物 日本

No obj photo

前田綱紀

1643年 〜 1724年

人物 日本

No obj photo

松尾芭蕉

1644年 〜 1694年

人物 日本

No obj photo

林鳳岡(林信篤)

1644年 〜 1732年

人物 日本

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル