西暦: 1868年 〜 1904年

地域: 日本

高野房太郎

関連情報: Wikipediaツイート で「高野房太郎」を調べる


グラフと表の条件設定
項目の重要度と地域で以下のグラフと表に出力するデータ数を絞り込むことができます。
重要度 :   すべて  重要  重要+普通
地域 :   すべて  日本  欧米  東アジア  西アジア

グラフ: 「高野房太郎」と同時代の人物

項目メニューに戻る

グラフ: 「高野房太郎」と同時代の出来事

項目メニューに戻る

表: 「高野房太郎」と同時代の人物

ヴィルヘルム1世 1797年 〜 1888年 ヨーロッパ
フィルモア 1800年 〜 1874年 北アメリカ
ディズレーリ 1804年 〜 1881年 ヨーロッパ
プチャーチン 1804年 〜 1883年 ロシア
ハリス 1804年 〜 1878年 日本
マッツィーニ 1805年 〜 1872年 ヨーロッパ
フアレス 1806年 〜 1872年 中南米
ガリバルディ 1807年 〜 1882年 ヨーロッパ
ナポレオン3世(ルイ・ナポレオン) 1808年 〜 1873年 ヨーロッパ
ムラヴィヨフ 1809年 〜 1881年 ロシア
ロッシュ 1809年 〜 1901年 日本
グラッドストーン 1809年 〜 1898年 ヨーロッパ
ブライト 1811年 〜 1889年 ヨーロッパ
ルイ・ブラン 1811年 〜 1882年 ヨーロッパ
曾国藩 1811年 〜 1872年 東アジア
ストウ夫人 1811年 〜 1896年 北アメリカ
ワーグナー 1813年 〜 1883年 ヨーロッパ
リヴィングストン 1813年 〜 1873年 ヨーロッパ
鍋島直正 1814年 〜 1871年 日本
バクーニン 1814年 〜 1876年 ロシア
ビスマルク 1815年 〜 1898年 ヨーロッパ
ローレンツ・フォン・シュタイン 1815年 〜 1890年 日本
グナイスト 1816年 〜 1895年 日本
永井尚志 1816年 〜 1891年 日本
大久保忠寛 1817年 〜 1888年 日本
島津久光 1817年 〜 1887年 日本
アレクサンドル2世 1818年 〜 1881年 ロシア
伊達宗城 1818年 〜 1892年 日本
カール・マルクス 1818年 〜 1883年 ヨーロッパ
毛利敬親 1819年 〜 1871年 日本
ビクトリア女王 1819年 〜 1901年 ヨーロッパ
安藤正信 1819年 〜 1871年 日本
ナイチンゲール 1820年 〜 1910年 ヨーロッパ
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 1820年 〜 1878年 ヨーロッパ
エンゲルス 1820年 〜 1895年 ヨーロッパ
大院君 1820年 〜 1898年 東アジア
ドフトエフスキー 1821年 〜 1881年 ロシア
ユリシーズ・グラント 1822年 〜 1885年 北アメリカ
ミドハト・パシャ 1822年 〜 1884年 地中海、西アジア
シュリーマン 1822年 〜 1890年 ヨーロッパ
勝海舟 1823年 〜 1899年 日本
李鴻章 1823年 〜 1901年 東アジア
大村益次郎 1824年 〜 1869年 日本
岩倉具視 1825年 〜 1883年 日本
ボアソナード 1825年 〜 1910年 日本
クラーク 1826年 〜 1886年 日本
小栗忠順 1827年 〜 1868年 日本
山内容堂 1827年 〜 1872年 日本
河井継之助 1827年 〜 1868年 日本
西郷隆盛 1828年 〜 1877年 日本
篠原泰之進 1828年 〜 1911年 日本
パークス 1828年 〜 1885年 日本
松平慶永 1828年 〜 1890年 日本
小田村伊之助 1829年 〜 1912年 日本
ジェロニモ 1829年 〜 1908年 北アメリカ
大久保利通 1830年 〜 1878年 日本
ポルフィリオ・ディアス 1830年 〜 1915年 中南米
中村正直(中村敬宇) 1832年 〜 1891年 日本
寺島宗則 1832年 〜 1893年 日本
木戸孝允(桂小五郎) 1833年 〜 1877年 日本
チャールズ・ゴードン 1833年 〜 1885年 ヨーロッパ
ロエスレル 1834年 〜 1894年 日本
前原一誠 1834年 〜 1876年 日本
岩崎弥太郎 1834年 〜 1885年 日本
近藤勇 1834年 〜 1868年 日本
松方正義 1834年 〜 1924年 日本
福沢諭吉 1834年 〜 1901年 日本
江藤新平 1834年 〜 1874年 日本
前島密 1835年 〜 1919年 日本
三島通庸 1835年 〜 1888年 日本
五代友厚 1835年 〜 1885年 日本
松平容保 1835年 〜 1893年 日本
土方歳三 1835年 〜 1869年 日本
アンドリュー・カーネギー 1835年 〜 1919年 北アメリカ
井上馨 1835年 〜 1915年 日本
西太后 1835年 〜 1908年 日本
ジョセフ・チェンバレン 1836年 〜 1914年 ヨーロッパ
天璋院(篤姫) 1836年 〜 1883年 日本
榎本武揚 1836年 〜 1908年 日本
児島惟謙 1837年 〜 1908年 日本
三条実美 1837年 〜 1891年 日本
板垣退助 1837年 〜 1919年 日本
徳川慶喜 1837年 〜 1913年 日本
ブーランジェ 1837年 〜 1891年 ヨーロッパ
谷干城 1837年 〜 1911年 日本
グラバー 1838年 〜 1911年 日本
アフガーニー 1838年 〜 1897年 地中海、西アジア
後藤象二郎 1838年 〜 1897年 日本
大隈重信 1838年 〜 1922年 日本
山県有朋 1838年 〜 1922年 日本
ジョン・ロックフェラー 1839年 〜 1937年 北アメリカ
黒田清隆 1840年 〜 1900年 日本
渋沢栄一 1840年 〜 1931年 日本
伊藤博文 1841年 〜 1909年 日本
田中正造 1841年 〜 1913年 日本
スタンリー 1841年 〜 1904年 ヨーロッパ
福地源一郎 1841年 〜 1906年 日本
ウラービー(オラービー) 1841年 〜 1911年 地中海、西アジア
大山巌 1842年 〜 1916年 日本
沖田総司 1842年 〜 1868年 日本
アブデュル・ハミト2世 1842年 〜 1918年 地中海、西アジア
品川弥二郎 1843年 〜 1900年 日本
新島襄 1843年 〜 1890年 日本
尚泰 1843年 〜 1901年 日本
西郷従道 1843年 〜 1902年 日本
片岡健吉 1843年 〜 1903年 日本
大井憲太郎 1843年 〜 1922年 日本
井上毅 1843年 〜 1895年 日本
マッキンリー 1843年 〜 1901年 北アメリカ
杉文 1843年 〜 1921年 日本
青木周蔵 1844年 〜 1914年 日本
陸奥宗光 1844年 〜 1897年 日本
山田顕義 1844年 〜 1892年 日本
新島八重 1845年 〜 1932年 日本
アレクサンドル3世 1845年 〜 1894年 ロシア
和宮 1846年 〜 1877年 日本
森有礼 1847年 〜 1889年 日本
トーマス・エジソン 1847年 〜 1931年 北アメリカ
中江兆民 1847年 〜 1901年 日本
桂太郎 1847年 〜 1913年 日本
ゴーギャン 1848年 〜 1903年 ヨーロッパ
東郷平八郎 1848年 〜 1934年 日本
乃木稀典 1849年 〜 1912年 日本
ベルツ 1849年 〜 1913年 日本
河野広中 1849年 〜 1923年 日本
ウィッテ 1849年 〜 1915年 ロシア
西園寺公望 1849年 〜 1940年 日本
星亨 1850年 〜 1901年 日本
金玉均 1851年 〜 1894年 東アジア
閔妃(明成皇后) 1851年 〜 1895年 東アジア
コンドル 1852年 〜 1920年 日本
児玉源太郎 1852年 〜 1906年 日本
寺内正毅 1852年 〜 1919年 日本
高宗(朝鮮) 1852年 〜 1919年 東アジア
明治天皇 1852年 〜 1912年 日本
ゴッホ 1853年 〜 1890年 ヨーロッパ
金子堅太郎 1853年 〜 1942年 日本
ラーマ5世(チャラロンコン) 1853年 〜 1910年 南アジア、東南アジア
セシル・ローズ 1853年 〜 1902年 ヨーロッパ
片山東熊 1854年 〜 1917年 日本
全琫準 1854年 〜 1895年 東アジア
高橋是清 1854年 〜 1936年 日本
小村寿太郎 1855年 〜 1911年 日本
犬養毅 1855年 〜 1932年 日本
プレハーノフ 1856年 〜 1918年 ロシア
ティラク 1856年 〜 1920年 南アジア、東南アジア
ウッドロー・ウィルソン 1856年 〜 1924年 北アメリカ
後藤新平 1857年 〜 1929年 日本
植木枝盛 1857年 〜 1892年 日本
伊東巳代治 1857年 〜 1934年 日本
尾崎行雄 1858年 〜 1954年 日本
セオドア・ルーズベルト 1858年 〜 1919年 北アメリカ
康有為 1858年 〜 1927年 東アジア
袁世凱 1859年 〜 1916年 東アジア
ヴィルヘルム2世 1859年 〜 1941年 ヨーロッパ
木下尚江 1859年 〜 1937年 日本
秋山好古 1859年 〜 1930年 日本
片山潜 1859年 〜 1933年 日本
ビゴー 1860年 〜 1927年 日本
加藤高明 1860年 〜 1926年 日本
ホセ・リサール 1861年 〜 1896年 南アジア、東南アジア
加藤友三郎 1861年 〜 1923年 日本
内村鑑三 1861年 〜 1930年 日本
ストルイピン 1862年 〜 1911年 ロシア
ロイド・ジョージ 1863年 〜 1945年 ヨーロッパ
田中義一 1864年 〜 1929年 日本
安部磯雄 1865年 〜 1949年 日本
孫文 1866年 〜 1925年 東アジア
内藤湖南 1866年 〜 1934年 日本
若槻礼次郎 1866年 〜 1949年 日本
ファン・ボイ・チャウ 1867年 〜 1940年 東アジア
正岡子規 1867年 〜 1902年 日本
夏目漱石 1867年 〜 1916年 日本
豊田佐吉 1867年 〜 1930年 日本
秋山真之 1868年 〜 1918年 日本
ニコライ2世 1868年 〜 1918年 ロシア
高野房太郎 1868年 〜 1904年 日本
マハトマ・ガンジー 1869年 〜 1948年 南アジア、東南アジア
アギナルド 1869年 〜 1964年 南アジア、東南アジア
ネヴィル・チェンバレン 1869年 〜 1940年 ヨーロッパ
井上準之助 1869年 〜 1932年 日本
浜口雄幸 1870年 〜 1931年 日本
レーニン 1870年 〜 1924年 ロシア
今村明恒 1870年 〜 1948年 日本
堺利彦 1870年 〜 1933年 日本
光緒帝 1871年 〜 1908年 東アジア
幸徳秋水 1871年 〜 1910年 日本
幣原喜重郎 1872年 〜 1951年 日本
マデロ 1873年 〜 1913年 中南米
梁啓超 1873年 〜 1929年 東アジア
ウィンストン・チャーチル 1874年 〜 1965年 ヨーロッパ
李承晩(イ・スンマン) 1875年 〜 1965年 東アジア
張作霖 1875年 〜 1928年 東アジア
ジンナー 1876年 〜 1948年 南アジア、東南アジア
レザー・ハーン 1877年 〜 1944年 地中海、西アジア
吉野作造 1878年 〜 1933年 日本
サパタ 1879年 〜 1919年 中南米
安重根 1879年 〜 1910年 東アジア
陳独秀 1879年 〜 1942年 東アジア
スターリン 1879年 〜 1953年 ロシア
トロツキー 1879年 〜 1940年 ロシア
大正天皇 1879年 〜 1926年 日本
山川均 1880年 〜 1958年 日本
イブン・サウード 1880年 〜 1953年 地中海、西アジア
魯迅 1881年 〜 1936年 東アジア
ケレンスキー 1881年 〜 1970年 ロシア
ムスタファ・ケマル(ケマル・パシャ) 1881年 〜 1938年 地中海、西アジア
フランクリン・ルーズベルト 1882年 〜 1945年 北アメリカ
高村光太郎 1883年 〜 1956年 日本
ムッソリーニ 1883年 〜 1945年 ヨーロッパ
汪兆銘 1883年 〜 1944年 東アジア
東条英機 1884年 〜 1945年 日本
石橋湛山 1884年 〜 1973年 日本
蒋介石 1887年 〜 1975年 東アジア
トーマス・エドワード・ロレンス 1888年 〜 1935年 ヨーロッパ
アドルフ・ヒトラー 1889年 〜 1945年 ヨーロッパ
ネルー(ネール) 1889年 〜 1964年 南アジア、東南アジア
ホー・チ・ミン 1890年 〜 1969年 東アジア
胡適 1891年 〜 1962年 東アジア
芥川龍之介 1892年 〜 1927年 日本
吉川英治 1892年 〜 1962年 日本
子母澤寛 1892年 〜 1968年 日本
毛沢東 1893年 〜 1976年 東アジア
リデル・ハート 1895年 〜 1970年 ヨーロッパ
スカルノ 1901年 〜 1970年 南アジア、東南アジア
昭和天皇 1901年 〜 1989年 日本
張学良 1901年 〜 2001年 東アジア
フォン・ノイマン 1903年 〜 1957年 北アメリカ
ジョージ・オーウェル 1903年 〜 1950年 ヨーロッパ
項目メニューに戻る

表: 「高野房太郎」と同時代の出来事

リンカーン、奴隷解放宣言 1863年 北アメリカ
八月十八日の政変 1863年 日本
薩英戦争 1863年 日本
仏、カンボジアを保護国とする 1863年 南アジア、東南アジア
禁門の変(蛤御門の変) 1864年 日本
四国艦隊下関砲撃事件 1864年 日本
第一インターナショナル結成 1864年 〜 1876年 ヨーロッパ
池田屋事件 1864年 日本
第1次長州征討 1864年 日本
ドフトエフスキー 『罪と罰』 1866年 ヨーロッパ
第2次長州征討 1866年 日本
普墺戦争 1866年 ヨーロッパ
薩長同盟 1866年 日本
江戸幕府、改税約書に調印 1866年 日本
大政奉還 1867年 日本
王政復古の大号令 1867年 日本
英、第2回選挙法改正 1867年 ヨーロッパ
北ドイツ連邦、成立 1867年 〜 1871年 ヨーロッパ
オーストリア・ハンガリー二重帝国、成立 1867年 〜 1918年 ヨーロッパ
米、ロシアからアラスカを買収 1867年 北アメリカ
「ええじゃないか」発生 1867年 日本
神仏分離令 1868年 日本
明治維新 1868年 日本
戊辰戦争、はじまる 1868年 〜 1869年 日本
江戸幕府の最後の将軍、徳川慶喜が江戸城を退去する。同年、明治天皇が入城する。 1868年 日本
長岡城の戦い 1868年 日本
鳥羽・伏見の戦い 1868年 日本
五箇条の御誓文 1868年 日本
五榜の掲示 1868年 日本
福沢諭吉、慶應義塾を設立 1868年 日本
版籍奉還 1869年 日本
スエズ運河開通 1869年 地中海、西アジア
アメリカ、大陸横断鉄道開通 1869年 北アメリカ
五稜郭、陥落 1869年 日本
大教宣布の詔、発布 1870年 日本
仏、第三共和政が成立 1870年 〜 1940年 ヨーロッパ
普仏戦争、はじまる 1870年 〜 1871年 ヨーロッパ
日清修好条規 1871年 日本
ドイツ帝国成立 1871年 ヨーロッパ
廃藩置県 1871年 日本
岩倉使節団、欧米に派遣される 1871年 〜 1873年 日本
郵便制度、発足 1871年 日本
新貨条例、公布 1871年 日本
パリ・コミューン、成立。同年、崩壊。 1871年 ヨーロッパ
スタンリー、リヴィングストンを救出 1871年 中南アフリカ
富岡製糸場、開設 1872年 日本
日本、琉球藩を設置 1872年 日本
学制、公布される 1872年 日本
徴兵告諭 1872年 日本
日本、太陽暦採用 1872年 日本
三帝同盟(独、露、オーストリア) 1873年 ヨーロッパ
内務省、設置 1873年 日本
森有礼・福沢諭吉ら、明六社を設立 1873年 〜 1879年 日本
血税一揆 1873年 日本
キリスト教禁止の高札、撤去される 1873年 日本
明治六年の政変 1873年 日本
徴兵令 1873年 日本
地租改正 1873年 日本
警視庁、設置 1874年 日本
佐賀の乱 1874年 日本
立志社、設立 1874年 日本
台湾出兵 1874年 日本
新聞紙条例 1875年 日本
讒謗律 1875年 〜 1882年 日本
新島襄、同志社を設立 1875年 日本
樺太・千島交換条約 1875年 日本
板垣退助ら、愛国社を結成 1875年 日本
江華島事件 1875年 日本
立憲政体樹立の詔 1875年 日本
英、スエズ運河会社の株式買収 1875年 ヨーロッパ
ミドハト憲法、発布 1876年 〜 1878年 地中海、西アジア
日朝修好条規(江華条約) 1876年 日本
秩禄処分 1876年 日本
廃刀令 1876年 日本
地租改正反対一揆 1876年 日本
札幌農学校、開校 1876年 日本
秋月の乱 1876年 日本
神風連の乱(敬神党の乱) 1876年 日本
日本、小笠原諸島を領有 1876年 日本
片岡健吉による立志社建白、政府に却下される 1877年 日本
東京大学、設立 1877年 日本
西南戦争 1877年 日本
露土戦争、はじまる 1877年 〜 1878年 地中海、西アジア
英領インド帝国、成立 1877年 〜 1947年 南アジア、東南アジア
内国勧業博覧会 1877年 日本
エジソン、蓄音機を発明 1877年 北アメリカ
サン・ステファノ条約 1878年 地中海、西アジア
紀尾井坂の変 1878年 日本
三新法(群町村編制会、府県会規則、地方税規則)、制定される 1878年 日本
第2次アフガン戦争 1878年 〜 1880年 地中海、西アジア
ベルリン会議 1878年 ヨーロッパ
独、社会主義者鎮圧法 1878年 ヨーロッパ
琉球処分 1879年 日本
国会期成同盟、結成 1880年 日本
仏、7月14日を『革命記念日』とする 1880年 ヨーロッパ
集会条例 1880年 日本
明治十四年の政変 1881年 日本
イリ条約 1881年 東アジア
アレクサンドル3世、即位 1881年 〜 1894年 ロシア
マフディーの反乱 1881年 〜 1898年 地中海、西アジア
アレクサンドル2世、暗殺される 1881年 ロシア
板垣退助、自由党を結成 1881年 日本
開拓使官有物払下げ事件 1881年 日本
国会開設の勅諭 1881年 日本
ウラービーの反乱 1881年 〜 1882年 地中海、西アジア
松方正義、大蔵卿に就任(松方財政はじまる) 1881年 日本
大隈重信、立憲改進党を設立 1882年 日本
福島事件 1882年 日本
三国同盟(独、伊、オーストリア)、成立 1882年 ヨーロッパ
壬午軍乱(壬午事変) 1882年 東アジア
独・墺・伊、三国同盟締結 1882年 ヨーロッパ
伊藤博文、憲法調査のため渡欧 1882年 日本
福地源一郎、立憲帝政党を設立 1882年 日本
渋沢栄一ら、大阪紡績会社を設立 1883年 日本
鹿鳴館、竣工 1883年 日本
ユエ条約で、仏、ベトナムを保護国とする 1883年 東アジア
日、華族令 1884年 〜 1947年 日本
ベルリン会議(1884年) 1884年 〜 1885年 ヨーロッパ
加波山事件 1884年 日本
秩父事件 1884年 日本
英、第3回選挙法改正 1884年 ヨーロッパ
清仏戦争、はじまる 1884年 〜 1885年 東アジア
甲申事変 1884年 東アジア
日、内閣制度を制定 1885年 日本
インド国民会議、結成 1885年 南アジア、東南アジア
天津条約(1885年) 1885年 東アジア
福沢諭吉 『脱亜論』を発表 1885年 日本
大阪事件 1885年 日本
第1次伊藤内閣 1885年 〜 1888年 日本
ジェロニモ(アパッチ族の指導者)、米に降伏。アメリカ先住民の武力抵抗終息。 1886年 北アメリカ
ノルマントン号事件 1886年 日本
日、企業勃興 1886年 〜 1889年 日本
大同団結運動 1886年 〜 1889年 日本
英、ビルマ併合(コウバウン朝を滅ぼす) 1886年 南アジア、東南アジア
保安条例 1887年 〜 1898年 日本
三大事件建白運動 1887年 日本
フランス領インドシナ連邦、成立 1887年 〜 1945年 東アジア
仏、ブーランジェ事件 1887年 〜 1889年 ヨーロッパ
市制・町村制、制定 1888年 日本
枢密院、設置 1888年 日本
第2インターナショナル、結成 1889年 〜 1914年 ヨーロッパ
大日本帝国憲法、制定 1889年 日本
皇室典範、制定 1889年 日本
民法典論争、はじまる 1889年 日本
東海道線、全通 1889年 日本
独、ビスマルク引退 1890年 ヨーロッパ
日、1890年恐慌 1890年 日本
独、社会主義者鎮圧法が廃止される 1890年 ヨーロッパ
第一回帝国議会、開催 1890年 日本
府県制・郡制、制定 1890年 日本
濃尾地震 1891年 日本
足尾鉱毒事件 1891年 日本
大津事件 1891年 日本
シベリア鉄道、着工 1891年 ロシア
第2次伊藤内閣 1892年 〜 1896年 日本
第2回総選挙で、品川弥二郎内相による選挙干渉 1892年 日本
日清戦争 1894年 〜 1895年 日本
日英通商航海条約 1894年 日本
ドレフュス事件 1894年 〜 1899年 ヨーロッパ
露仏同盟、成立 1894年 ヨーロッパ
甲午農民戦争(東学党の乱) 1894年 東アジア
下関条約 1895年 日本
三国干渉 1895年 東アジア
日、台湾総督府を設置 1895年 日本
英、マレー連合州(マライ連邦)を成立させる 1895年 南アジア、東南アジア
第1次エチオピア戦争 1895年 〜 1896年 中南アフリカ
閔妃殺害事件 1895年 東アジア
清、変法運動はじまる 1895年 〜 1898年 東アジア
明治三陸地震 1896年 日本
国際オリンピック大会、はじまる 1896年 ヨーロッパ
高野房太郎・片山潜ら、労働組合期成会を結成 1897年 日本
朝鮮、大韓帝国を称し、高宗が皇帝に即位 1897年 〜 1910年 東アジア
日、金本位制を採用(貨幣法、制定) 1897年 日本
八幡製鉄所、設立 1897年 日本
ファショダ事件 1898年 地中海、西アジア
米、米西戦争の結果、フィリピン・グアム島を獲得 1898年 南アジア、東南アジア
米西戦争 1898年 北アメリカ
康有為らが戊戌の変法運動を始めるが、戊戌の政変で失脚 1898年 東アジア
日、文官任用令改正 1899年 日本
米、門戸開放宣言 1899年 北アメリカ
ボーア戦争(南アフリカ戦争、ブール戦争)、はじまる 1899年 〜 1902年 中南アフリカ
フィリピン・アメリカ戦争 1899年 〜 1902年 南アジア、東南アジア
立憲政友会、結成 1900年 〜 1940年 日本
日、軍部大臣現役武官制 1900年 日本
北清事変(義和団事件) 1900年 〜 1901年 東アジア
安部磯雄ら、社会民主党、結成 1901年 日本
北京議定書、調印 1901年 東アジア
日英同盟成立 1902年 日本
日露戦争 1904年 〜 1905年 日本
第一次日韓協約 1904年 日本
英仏協商、成立 1904年 ヨーロッパ
露、血の日曜日事件 1905年 ロシア
奉天会戦 1905年 東アジア
日本海海戦 1905年 日本
日比谷焼き打ち事件 1905年 日本
ポーツマス条約 1905年 日本
フランス社会党、成立 1905年 ヨーロッパ
ベンガル分割令 1905年 〜 1911年 南アジア、東南アジア
第1次ロシア革命 1905年 ロシア
清朝、科挙を廃止 1905年 東アジア
第二次日韓協約 1905年 日本
第1次モロッコ事件 1905年 地中海、西アジア
インド国民会議、カルカッタ大会4綱領を採択 1906年 南アジア、東南アジア
全インド・ムスリム連盟、結成 1906年 南アジア、東南アジア
イラン立憲革命 1906年 〜 1911年 地中海、西アジア
日、南満州鉄道を設立 1906年 〜 1945年 東アジア
日本社会党、結成 1906年 日本
英、労働党、成立 1906年 ヨーロッパ
日、鉄道国有法 1906年 日本
ハーグ密使事件 1907年 東アジア
日露協約 1907年 日本
英露協商 1907年 ヨーロッパ
第三次日韓協約 1907年 日本
青年トルコ革命 1908年 地中海、西アジア
日、戊申詔書を発布 1908年 日本
伊藤博文、安重根(勧告の民族主義者)に暗殺される 1909年 日本
東宮御所(現在の赤坂迎賓館)、竣工 1909年 日本
項目メニューに戻る

関連情報: Wikipediaツイート で「高野房太郎」を調べる

「高野房太郎」の関連ノート


現在、ノートは登録されていません。

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
『おんな城主 直虎』年表
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル