Thumb @fuji3zpg

「現代に甦る山吹伝説?」-その後-

この話は、「現代に甦る山吹伝説?」の続きです。

再び、本佐倉城へ


道灌と違って、首尾よく蓑ならぬ傘をもらった私は再び本佐倉城に向かった。
これで雨は怖くないのだから、このまま大人しく帰ることはあるまい。何より、この城をもっと見てまわりたい。


古城で稲妻


傘を手に、勇躍、城を歩き始めたのはよいが、今度は辺りが急に暗くなってきて、雨に加えて、雷が鳴りはじめた。次第に、雷は近づいてきているようで、光と音の間隔がどんどん狭くなってくる。誰もいない夕方の古城というシチュエーションで、バリバリバリとくるのだから、迫力がある。自宅で雷が鳴っても、近くに雷が落ちて、家電がダメになることを心配する程度だが、もし不運にもここで直撃弾を食らうと、下手をすると、あの世行きである。


まだ、雷が遠いうちは無視して見てまわっていたが、尋常な感じではなくなってきたので、一旦、木陰に隠れることにした。


しばらくすると、雷も過ぎ去ったようで、雨も弱くなってきた。
やれやれと思い、私はまた動きはじめた。


「東山」という大きな土塁を抜け、印旛沼方面の「東光寺ビョウ」というそこそろ広い草地に出たとき、その光景に私は息を呑んだ。自然は訪れた者にたまにこういう景色を見せてくれるのである。


本佐倉城のⅣ郭から東山にかけて


2010年4月24日撮影
写真右側の盛り上がったところが「東山」で、その左に道が虎口である。この虎口を抜けて、左に進むと、「東光寺ビョウ」がある。


【本佐倉城の東光寺ビョウ】印旛沼方面の田んぼが広がる本佐倉城の北側、東光寺ビョウ。2010年現在の案内板には、発掘調査中で、東光寺ビョウの使われ方を調べているとのこと。


2010年4月24日撮影
雷雨の後に現れた光景:「東光寺ビョウ」より北向きに撮った一枚 この風景から、かつてのこの城の姿を想像できる。つまり、沼や田に囲まれた、近づき難い堅城の姿である。


そんなことを言われても。。。


感慨に耽っていると、何か看板が立っているのが目に入った。よく見ると「マムシに注意!」というようなことが書かれている。私は何か以前にも同じような感覚を覚えたことがあった。


そう、あれは数年前、友人が運転するクルマで東北の秘湯に行った時のことである。自他共に認めるボロボロのクルマにのって、細く危険そうな山道を進んでいた。そうすると、「落石注意!」とある。それって、気付いたときにはどうにもならへんのとちゃうかというあの感覚である。なお、落石も脅威だったが、クルマが最後までもつのかという恐怖のほうが強かったのは言うまでもない。


草むらの中にいるマムシをどうやって見つけるのだろうか、何せ、草は膝ほどの高さなのである。おそらく、見つけたときと咬まれたときはほぼ同時だろう。私はそれでも慎重に歩みを進めつつ、マムシと遭遇しないことを祈った。


祈りと装備


祈りが通じたのか、そのときも含め、私は今までヘビに咬まれたことはない。
以前、友人がヘビに咬まれたのを目撃したことがあるが、幸運にも咬まれた場所が彼の靴のゴムの部分だったため、無傷だった。その時の友人の狼狽ぶりは忘れられない。むろん、彼を嗤っているのではなく、不意に命の危機が迫ると、人間はああなるのだというよき教訓を得たという話である。
こういったことを見ているので、私は城に行くときはジーンズとトレッキングシューズを履いていくことにしている。であるから、もし咬まれたとしても、無傷で切り抜けられるかもしれないという淡い期待を持っている。


暗闇迫る


雷雨が過ぎ去って、少し明るさも戻っていたが、しばし城を見ていたら、今度は本当の夕闇が迫ってきた。そろそろ、帰宅するときが来たようだ。私は自転車に乗り、印象的なことが多かった本佐倉城を後にした。


(終)

参考資料

51mpjyqzmkl. sl160
本佐倉城は100〜105ページに収録されています。

作成日:2014/6/22
場所: 日本, 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉781(原則、地図座標から場所を算出しています。目安とお考えください)

山吹伝説 本佐倉城 フィールドをゆく 室町体制崩壊期の関東と太田道灌ーフィールドをゆく(2)ー

ノートのタグ

ニュース 人物記事 動画
戦国 幕末維新

ノートまとめのタグ

江戸城 大坂城 竹田城
二条城 鎌倉 神奈川
東京 京都 静岡

歴史年表のタグ

源平 戦国 幕末維新
ギリシア・ローマ 大航海時代 ナポレオン
モンゴル 近代 近代日本

項目のカテゴリー

人物 出来事
ノート【更新順】
コルク社主催の伊東潤氏の第3回読者会に参加
江戸東京たてもの園を訪問
コルク社主催の伊東潤氏の第2回読者会に参加
もっと見る
ノートまとめ【更新順】
関ヶ原の戦いの動画
淀川の城
姫路城大天守の昼・夕暮れ・ライトアップ!
もっと見る
歴史年表【更新順】
花燃ゆ第2回「波乱の恋文」
歴史家・歴史小説家とその時代
花燃ゆ第1回「人むすぶ妹」
もっと見る
特集
関ヶ原の戦い
幕末維新
文明論
北条早雲
人物【更新順】
子母澤寛
周布政之助
小田村伊之助
もっと見る
出来事【更新順】
パナマ文書の公表
熊本地震 (2016年)
斎藤道三、息子の斎藤義龍に討たれる(長良川の戦い)
もっと見る
世界史古代概論
世界史古代概略
ローマと前漢、不思議な成立の符合
古代の日本と西欧
戦国のはじまり
早雲時代の魅力-室町幕府の崩壊と関東情勢-
応仁の乱に関する歴史小説(池波正太郎『賊将』)と解説書
北条早雲の生涯と伊東潤『疾き雲のごとく』-早雲の生涯を4期に分ける-
その他
2015年NHK大河「花燃ゆ」の関連情報
歴史系テレビ番組まとめ(2014年5月版)
大坂の陣で奮戦した毛利勝永の記事
お知らせ
特集ページを追加
検索ページを追加しました
ドメイン変更のお知らせ
もっと見る
Twitter logo blue 144 歴ウス
公式Twitterページ
Fb f logo  blue 144 歴ウス
公式Facebookページ
Youtube icon full color 144 歴ウス
公式YouTubeチャンネル